ピーカンの西穂独標!

3月10-11日
今シーズン3回目の、新穂高ロープウェイ...
何度、来ているんだ!突っ込みがしたくなる(^^ゞ
天気予報も微妙、半日でも晴れてくれれば!
そんな思いで、西穂山荘到着。
今回はNEWテントのお試しも兼ねているので、まぁ良いか!

明けて二日目。
予想をはるかに超え、超!快晴ヽ(^。^)ノ
コレは行くしかないでしょ!
でも小屋からは、ガイド登山と思しき団体がウジャウジャ...
作戦変更で遅めの出発、時間をずらして行く事にした。

そのお陰で、貸し切りの登山道。
景色も360度、見放題である。

独標直下までは、良い気分で歩ける。
風はいつも通り、雪煙りがあがる。
雷鳥の足跡も、アチコチいっぱい。
でも、姿は無い...
そしていよいよ、本日の核心部。
ザイルで繋いだパーティが、取り付いていた。
悪戦苦闘ぶりから、ガイド登山パーティだろう。
岩場でのすれ違いは避けたいと、ゆっくり近づく。
そのままあっけなく、ウソのように無風な独標へあっさりと登ってしまった。

こんな写真取り放題な日に限って、カメラは修理中…

360度どこも飽きない、でも勿体ないが下山する。
かなりの勾配&結構な雪が付いていて、ココの下りに悪戦苦闘するようだ。
ザイルを出すか迷ったが、要らないと言われたので先に降りた。
ココさえ通過してしまえば、あとはラーメンを目指すのみ(笑)
山座同定・写真撮りまくり・雷鳥さがし・次回の縦走計画...

あっという間で、名物の西穂にラーメンへヽ(^。^)ノ
お腹も心身も満たされ、デッカイザックを持って下山です。

それにしても今年は、リベンジ成功率が高い。

来期は、この先を目指そう。

コメント

  1. usagi より:

    うひょー、ホントにどピーカンの独標ですね~。
    やはりお山は天気しだい。運も味方にしないとね。

    • あられ より:

      予報が外れて、ラッキーでしたヽ(^。^)ノ
      快晴なら、怖さは無いですからね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>