コグルミ谷から御池岳

日程:2012年5月26日
山域;鈴鹿
メンバー:CL/S.H、T.Y、F.M、N.M
行程:コグルミ谷登山口 7:30—-長命水8:07—-カタクリ峠9:29—-テーブルランド11:55
—-御池岳12:55—-鈴北岳13:50—鞍掛峠15:50—コグルミ谷登山口  15:54

好天に恵まれた5/26(土)、メンバー4人でコグルミ谷から御池岳~鈴北岳を周回してきました。
この日は、少し前に体調を崩したT.Yさん のリハビリを兼ね、ゆっくり歩きましょうということで、
花を愛でながら新緑の道を歩いてきました。

金山駅には6:10集合。T.Yさんの車で御池岳登山口のコグルミ谷へ。
狭い車止めスペースになんとか車を停めることができ、準備をして歩き始めました。

コグルミ谷はけっこう荒れたところもあり、慎重に谷筋のトラバース道を歩いて行きます。

40分ほどで長命水に到着。
ここから少し登山道を離れ、急斜面をカタクリ峠に向かって登りました。

急斜面を登りつめてカタクリ峠に到着。
かつてはカタクリが一面に咲いていたそうですが、この日はちらほら花の終わった葉を
みかけるだけでした。

真の谷へ向かいます。新緑がまばゆい道でした。

真の谷から、また登山道を離れ、急登を上り詰めてテーブルランドへ。

数々のドリーネが点在するテーブルランドは、みごとなカルスト地形です。

テーブルランドから、藤原岳への縦走路を眺めました。

かつては笹が生い茂っていた道が、いまではコバイケイソウの群生地へと変わっています。
昔の御池岳を知る他のメンバーたちは、「違う山に来たみたい。」と言っていました。

御池岳に到着。この日のメンバー4人です。

当初の予定では、コグルミ谷を下ることになっていましたが、けっこう荒れていたので
鈴北岳まで行って、鞍掛峠を降りるほうが安全と判断。
会にルート変更連絡を入れ、鈴北岳へ向かいました。

御池岳の池。この池もずいぶん昔に比べたら小さくなっているそうです。

鈴北岳山頂。いつ来ても気持ちのいい頂きです。

しばらく景色を楽しんでから鞍掛峠目指して下りました。

この日、体調が心配だったT.Yさんも最後まで歩き通すことができ、たくさん花を眺め、
景色を堪能し、メンバー全員大満足の山行になりました。

★この日見た花はこちら  「御池岳の花たち」

by matsuoka

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>