教育山行:危険箇所の通過 御在所藤内沢 2012.6.9

教育山行:御在所 藤内壁 一の壁取り付まで

メンバーはCL:S.S、 SL:Y.K、Y.M、Y.H、S.T、H.O、K.S、*.K、A.I 

2012.6.9 byヤマカル

今回は雨の中!危険箇所の通過(教育山行)! メンバー10名♪
前日から雨降りで、雨天時の南山と御在所の選択で悩まされましたがリーダの判断で御在所となりました。
アクセス:名鉄金山駅南口 から 自家用車で 鈴鹿スカイライントンネル先へ
コース変更:
前夜からの雨の為、当初目標の後尾根~中道を 取止め 途中の藤内壁一の壁の取り付までに。普段は必要が無いフィックスロープを取り付け安全を確保して登り詰めました。
メンバは:5月17日行った机上講座でよく説明を受けていた点や数回にわたるミニ講座でロープワークを練習していたので落ち着いて行動できていました。ま、雨とザーザー水が流れる河状態の横を通るので不安が無いわけではありませんが。きちんと安全が確保されているので一つ一つクリアできました。
現地到着は雨の中

途中にある藤内小屋で好天待ち・・ 変わりません

当初予定の一の壁のクライミングコースが張ってありました。「一の壁」と書かれている辺りに右から廻り込む予定でした、この天候では無理です。

1.前尾根取り付きへの分岐
リーダがフィックスロープを準備しています。雨が無ければこんなに水は流れていないそうです。で、本日は危険な箇所なので安全策の設営です。

2.前尾根取り付き方向奥です
ザーザーです。本日はこの方向は予定無し。

3.2本目のロープです
慎重に登っています。フリクションヒッチでセルフビレイを取りながら一つ一つ確認しながら登ります

4.一の壁根取り付きに出ました
き、切りたっとる。

そこかしこにポイントが付いています。藤内小屋で見たクライミングコースを思い出しながら見ていましたが。

くらくらします。んー

5.本日の目標地点到着
凄いですねー

とか

話してます。

登ってみてくださいよー

とか、

本日 むり!

6.当初予定のコース
この方向へ進み左に転進して、バットレスの間を一の壁を巻いていく予定でしたが取止めです。

7.一の壁を見上げています

んー 覆いかぶさってくる  支点が点々と続いています

その反対側には前尾根が見えていました こちらもクライミングのコースだそうです。

本日は、雨天のため予定変更でここまでとなりましたが。危険箇所(この一の壁後尾根)の取止め、確実な安全策と慎重な行動でここまで来れました。そー 慣れていない状況でしたがリーダやクライミングのメンバーのおかげで、落ち着いて確実な動作をしていけば安全に対処できることが体験できました。好きこのんでこんな状況へ進むわけではありませんが、止むおえずこんな状況でも対応する事が出来ることを教えていただきました。

今回の課題コースを、実体験の場として構成された講師に感謝でした。(^^)

コメント

  1. あられ より:

    お疲れさまでした!
    でも、楽しくなかった?
    私は翌日に、その写真の前尾根を登ってきました(^O^)/
    土曜が雨だったせいか、大人数で大渋滞でした。
    一壁も回ったけど、大混雑。
    静かな岩場は、この写真で初めて見たかも(笑)

  2. HP部 より:

    雨の中、危険箇所通過のトレーニング、お疲れ様でした。
    初めて見る御在所の岩場は迫力満点でしょう?
    いいトレーニングになったと思います♪

  3. カト より:

    まさに「危険箇所」でしたね…翌日は水量が減って、比較的歩きやすくなっていました。
    一壁を登ってぴょこっと顔を出したら、中尾根バットレスにもクライマーが点々と。
    そして時々、あられさんを前尾根で確認できました。一壁でも確認しました。

    後尾根に、いつか自分の力で登ってみたいと思います。しばらく色々精進します。
    もし気が向いたら、遭対10口&自主トレーニング込みにてご参加下さい☆

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>