針ノ木岳

日程:7月15~16日
山域:北アルプス
メンバー:Y.H、N.M 、会員外2名

扇沢から針ノ木雪渓を登って、針ノ木岳~蓮華岳~スバリ岳~赤沢岳
~鳴沢岳~岩小屋沢岳と周り、柏原新道を下って扇沢まで、1泊2日で
歩いて来ました。

扇沢駅横の登山口から、大沢小屋までは普通の夏道。
小屋を過ぎると、いよいよ針ノ木の大雪渓が始まります。
アイゼンをつけ、滑らないように慎重に登ります。
途中、一時雨が強くなりましたが、5時間かけ、無事雪渓を登りきりました。

小屋で受付をすませ、雨もやんできたので蓮華岳を目指します。

蓮華岳のなだらかな斜面にはコマクサの群生

針ノ木小屋から1時間ほどで山頂です。

翌日歩く稜線を眺めながら、のんびり小屋に戻りました。

翌朝は5時半に小屋を出発。針ノ木岳までは残雪のトラバースがあります。

この急斜面からは、アイゼン、ピッケルをつけ慎重に通過しました。

無事、針ノ木岳山頂に立てました。

スバリ岳へは、いったん岩の急斜面を下り、

ガラガラした岩の急斜面を登り返します。

スバリ岳山頂。この頃は、まだガスが残っていました。

その後、だんだんガスも取れ、これから歩いて行く道が見えます。
まだまだ遠い・・・

眼下には、黒部湖もキレイに見えて来ました。

赤沢岳山頂を通過し、

立山、剣岳方面の絶景を眺めながら歩きます。
それにしても、本当に花の多い道でした。

鳴沢岳山頂。このあたりまで来ると、白馬岳がだんだん近づいてきます。

この日、最後のピーク、岩小屋沢岳。
この先は、種池山荘までゆっくり下って行きます。

針ノ木小屋を出てから9時間かけて 、ようやく種池山荘までたどりつきました。

さあ、ここから柏原新道の長い、長い下りが始まります。

種池山荘から2時間45分かけ、ようやく爺ヶ岳登山口に降り立ちました。
針ノ木小屋からずっと、抜きつ抜かれつだった3人パーティも一足先にゴール。
一緒に記念写真に収まりました♪

このコースは、急斜面の雪渓歩きあり、岩場の通過ありのロングコースで、

1泊2日で歩き通すにはけして楽なコースではありませんが、青空の下、
ずっと念願だったこの道を歩き通すことができ、大満足の山行になりました。

距離:23.5km
累積標高差:2660m
時間:19時間30分

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>