■教育山行:伊吹山 (バテないように歩く)

またまた、伊吹山です

メンバーはCL:Y.K SL:U.M T.Y               2012.08.05 byヤマカル

勉強会7/19 熱中症・夏バテ・高山病等、夏山で気を付けたい病気やアクシデントについて!の実践

勉強会を受けて、実践と言うことで真夏の伊吹山へ行ってきましたー、夏の低山は暑いまさに実践です
コースタイム:GPSから 正式には山行記録のほうで
登山口  一合目  三合目  五合目  六合目非難小屋  頂上 着
8:40    9:16       10:18    10:51     11:08                  12:33    登り 3:53
頂上 発  六合目非難小屋  三合目  二合目    登山口
13:20      14:19    13:04       14:58     15:25     16:16        下り 2:56

アクセス:金山からJRで近江長岡、ここからバスで伊吹山登山口
今回の注意事項:熱中症と九合目前後の岩場です。
運良く近江長岡駅で、バスの乗り換え時間1分しかないのに運良くバス乗車。このおかげでジョイ伊吹で温泉入れました。
本日の天気、晴れ時々曇り、状況によっては雷雲考慮で、10日前同様暑さ対策が重要になります。

登山口から一合目 10日前に比べC.Lの歩みは意外なほどゆっくりでした。今回は抜かれて行きます。このペースが良いそうです。以前なら逆に抜いていったんでしょうが。テンポを良く覚えるように進みました。で、一合目に到着、直ぐに地図を出して地図読み+コンパス操作、あ、頭を使うことになりましたー

一合目から三合目
地図読みが終わると直ぐに出発三合目を目指します、二合目手前まで急登が続きました。ここも、先ほどのリズムを替えず淡々と進みました。雲が切れると日差しが刺さります。

三合目に到着すると山頂が見えてきます。丁度ここは交差点みたいになっていますが。早朝登山された方たちとすれ違いになります。

登山者の交差点、そんなに混んではいませんが、なんか良い感じです。この後は、六合目避難小屋へ順調に進みました。

こ、この風景は10日前と同じだー、と思いながら。先頭に回って進んだりしました。先頭は難しい所がある、後の足音を聞いたり、岩場はステップ高さを考えたり、折り返しでは急登にならないように回り込んだり、結構色々考える。で、2回ほどペースダウンを指示された。つい夢中になると後のことを忘れてしまいます。いかん、「自分がきついときは後もキツイ」と言われた。お、そうか!わすれない言葉になる。とか、言っているうちに。頂上着。この暑い中良くがんばりました。

頂上では、ミストと花と冷たいフルーツゼリー(M.Uさん持参)に癒されました!!

 

で、下りの前に靴の点検しました。下りは、足首をしっかり止めておくようにと言うことです。つま先傷めるそうです。

六合目避難小屋
休憩しながら、地図読みここから三合目まで時間は!?んー計算?計算 20分も余分に計算してしまったー、残念、でも三合目ではY.Kさんから冷たい御褒美が頂けました。

 

三合目だが、今回はいつもと違う雰囲気、お!傘だー良い感じだー

下りのゲレンデ 登りのテンポが旨くいったので、がんばれています。もう一息で登山口
足に良く染み渡った 山行でした

この後、クールダウンをかねて2kmほど歩いてジョイ伊吹まで 行っちゃった。
新入会のT.Yさん、先頭で下っています。やるなー(^^)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>