山行部トレーニング山行第6回 八ヶ岳・硫黄岳

日程   :10月6日-7日
目的   :森林限界を超えて、岩稜を歩く。
メンバー :H.U, M.T,K.S(女),K.S(男),K.K,I.M(投稿者)

山行部のトレーニング山行で、岩稜歩きは6月の編笠山ー権現岳に続いて2回目。前回よりは歩行距離も岩稜歩きの難度も上がりましたが、南山での2回の岩トレの成果を試すべく、みんな張り切って美濃戸登山口をスタートしました。

と、その前に出ました~~\(×0×) /  K家の体重計。

 

 今回のK.S 対決は、女性K.Sさんに軍配が上がったようです。

Mちゃんのザック重そう!何が入っているの?

紅葉がきれいです。

お疲れモードの男性陣に対し、女性陣は 元気いっぱいです。

歩荷が影響したのか予定より時間がかかって行者小屋前のテンバに到着。赤岳登頂は諦め早速テントを設営し、宴会に突入。この時まだ14時です。

Mちゃんのザックから出てくる出てくるつまみの数々。

大きなザックの謎が解けました。

このあと夜通し雨が振り、時折強い風も・・・。翌日はすっきりしない天気の中、硫黄を目指します。

硫黄小屋を過ぎたころから、霧の晴れ間から南八ヶ岳の山々が見えるようになりました。

Mちゃん「美味しそう!!」 K子さん「エヘヘ・・・」

「尾根的?」

赤岩の頭から赤岳鉱泉に向けて下山開始。3連休の中日なので登ってくる人も多く、若者が硫黄小屋から硫黄岳への稜線を見つけて大声で騒いでいました。

「ヤベえ、俺マジヤベえぜ! 三歩(漫画『岳』の主人公のこと?)だよ! 尾根的なものが見えるぜ。マジヤベえ~」 よく分かりませんが、とにかく五月蠅かったです。

最後まで元気なMちゃんとK子さんでした。

山行部トレーニング山行は半分終わり、来月からは雪山のトレーニングに入ります。スタート時からのメンバーは頑張って続けています。雪山が怖い私、果たしてついていけるでしょうか!?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>