硫黄岳(八ヶ岳):冬合宿(C)の下見&トレーニング

日程:12月22日(土)朝発~23日(日)

メンバー:Y,K K,K K,S S,S

「クリスマス寒波襲来?」のニュースに不安を募らせながら、冬合宿Cパーティの下見&トレーニング山行に同行させていただいた。 土曜日の早朝、会事務所から車で赤岳山荘に向かう。中央高速道は、恵那山トンネルの先からチェーン規制で諏訪南ICまでノロノロ運転が続いた。諏訪南ICから美濃戸口⇒赤岳山荘までは一面の雪景色、先の道路状況を心配しながら、朝7時過ぎに何とか赤岳山荘にたどり着いた。

1日目:赤岳山荘 ⇒ 赤岳鉱泉 ⇔ ”赤岩の頭”手前(標高2500m)付近  

明け方から、みぞれ混じりの雨に・・・荷物も重く、気分も重く、足取りも重く・・・赤岳鉱泉に着くと直ぐにテントを張る。

テントを張り終えてから硫黄岳に向かうが、天気も悪く体調も悪い人が居て途中で引き返す。

2日目:赤岳鉱泉⇒硫黄岳⇒赤岳鉱泉⇒赤岳山荘

翌日は、寒波襲来前の束の間の好天に恵まれ、硫黄岳に再び向かう。紺碧の空と樹氷とのコントラストが美しい。

「赤岩の頭」の直下を喘ぎながら登る。稜線に出ると素晴らしい眺望が広がった。

 

頂上まであと少し、風が強くなって来た。

頂上では360度の眺望を満喫し、目的の下見も果たすことが出来て皆さん満足です。

下りは、八ヶ岳連峰の眺望を十分堪能できました。

2日目に赤岳(・・・おまけ?)に行けなったのが残念ですが、主目的は達成できたと思います。お疲れ様でした!本番に向けて体調管理と詰めの準備をしっかりとやって楽しい冬合宿にして下さい!!

コメント

  1. カト より:

    トレーニングにお付き合い頂き、ありがとうございました♪
    きっちり安全に行けるよう、調整します。赤岳は、また次回!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>