雪の燕岳 その①

行程:2013年5月3日~4日
メンバー:H.U、N.M
山行形態:積雪期小屋泊

5月3日~4日、思い立って燕岳に行って来ました。
燕岳に登るのは4回め。今回は燕山荘に泊まってのまったり山行です。
これまでの燕岳は縦走の通過点、テント泊、日帰りだったので、かの有名な
燕山荘に泊まったことがなく、今回初の燕山荘がとても楽しみでした♪

前夜発で中房温泉公営駐車場まで入っていたので、朝は楽々出発。
第1ベンチまでは雪はなく、歩き慣れた夏道。
それでも、歩き始めから急登で息が切れます。

第1ベンチからはしっかり雪。ここでアイゼンをつけます。

合戦小屋は4/27から営業開始とのこと。
夏ならここでスイカといきたいところですが、この日は冷たいCCレモン でノドを潤します。

合戦小屋を過ぎ、合戦沢の頭まで急坂を登って行きます。
れにしても、画像よりも歩いてみるとけっこうな斜度。小屋泊りの軽装なのに息があがります。

森林限界を超えると、目の前に真っ白な稜線が広がります。
槍ヶ岳の穂先が見えて来ました。テンションあがりまくりです。

ようやく尾根の一番上に燕山荘が見えて来ました。あと少しがなかなか遠い・・・

燕山荘に無事到着。夏は登山道を登って行くと、直接玄関前に出るけれど、
冬は尾根を直登して小屋の裏側に上り、小屋をくるっと回って玄関に至ります。
その距離100mほど。思えば、ここが一番危なかったかも。
(けっこう狭くて、 片側は切れ落ちています)

小屋の前からは超絶景が広がります。言葉を失くし、しばし見とれます。

槍ヶ岳がすぐそこに見えます。ここからあの頂きまで歩いたのはもう10年前。
この夏は、もう一度あの道を歩きたい。

小屋の受付を済ませ、ちょっと休憩してから、いよいよ燕岳山頂を目指します。

山頂稜線は雪があったりなかったり。快適な道です。

30分ほどで燕岳山頂到着♪
さすがに午後はちょっと風が強くなってきたので目出帽のお世話に。

山頂から、北燕岳、白馬方面の眺め

迫力の北鎌尾根から槍ヶ岳、穂高方面の眺め。
今、ここでこの景色を眺められる幸せに浸りながら、燕岳山頂に佇んでいました。

いつまでも眺めていたいところだけれど、そろそろ帰らないと。
ということで、きた道を戻ります。

イルカ岩と槍ヶ岳。可愛いものとカッコイイものです。

イルカ岩とUさん。イルカになっちゃった?(笑)

小屋に戻れば、お楽しみは生ビール!
燕岳をサカナにおいしくいただきました。

この日のテン場はこんな感じ。けっこう賑わっています。
さほど風がないので、防風対策すれば快適そう。

でも、私達は初燕山荘。食事もおいしく、ご主人のアルプ・ホルン演奏などもあり、
ウワサに違わぬ快適な小屋でした。(ただし、雪の時期なのに超満員 ^^;)

夕食後、小屋前で夕焼けを待っていましたが、残念ながらこの日はほとんど焼けず・・・
翌日の朝焼けに期待です。

・・・・ 雪の燕岳 その②に続く

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>