シロヤシオを探して釈迦ヶ岳

日程 5/25(土)
参加者:CL/N.M(記)、H.U、Y.M
山名:釈迦ヶ岳 1092m(鈴鹿山脈)
山行形態:無雪期日帰り
目的:Mさんのリハビリ山行

梅雨入り目前の晴れた土曜日、闘病中だったMさんのリハビリ山行に
釈迦ヶ岳に行って来ました。
この日のメンバーは、朝明から釈迦ヶ岳に登るのは初めてというUさん、
Mさん、matuokaの3人。体力にまだ自信がないというMさんのペースに
合わせ、のんびり歩き出します。

この日は中尾根登山道から釈迦ヶ岳、猫岳、羽鳥峰から中峠をぐるっと周り、朝明まで戻る予定。

中尾根登山道はしっかり整備された道ですが、かなりの急登。
Mさんの息が上がらないようにゆっくり、ゆっくり歩きます。

階段の道を上り詰めたら・・・

視界が広がったので、しばし足を止めます。

少し霞んでいますが、これから上がる稜線が目の前に見えています。

松尾尾根との合流点に到着。山頂稜線まではあと少し。

これからあのガレの淵を歩きます。

一見とっても怖そうですが、歩いてみるとそうでもなく、気をつけて歩いて難なく通過。

釈迦ヶ岳の最高点を通過し、三角点のある山頂に到着♪

ここまで来る間、登山道のシロヤシオはやや終わり気味でしたが、
山頂にあった1本が一番キレイでした。

新緑の稜線を歩いて猫岳へ

ちょうどお昼時、猫の額ような山頂はけっこうな人出だったので、ここはスルーして先に進みます。

笹の間に続く、まことに気持ち良い道をるんるん歩きます。

白砂の羽鳥峰が見えて来ました。

羽鳥峰の山頂だけ、やたら風が強かったので、記念撮影だけしてさっさと下ります。

本当はここからさらに中峠まで足を伸ばす計画だったけれど、いい景色を眺め、いっぱい花も見て、すっかりお腹いっぱいになったので、今日はここから下山することにしました。

Mさんの体力もずいぶん戻って来てるみたいです。
さすが、若いなぁ。また、いっぱい一緒に山に行きましょうね。

この日見たお花たち。

コメント

  1. 三重岳連遭難対策委員会 服部 より:

    探しています。
    <釈迦ヶ岳>
    平成25年5月25日(土) 8:00AM頃、「釈迦ヶ岳から羽鳥峰へ行く」と駐車場で告げて登山された、四日市市在住の男性(53才)の情報を求めています。
    当日の山行で探している方の情報又は写真に写って居ないかご確認していただけないでしょうか?
    ご協力宜しくお願い致します。

    四日市西警察署 TEL 059-394-0110
    又は 三重岳連遭難対策委員会 TEL 059-363-3036
    又は 捜索情報Wiki管理人: 山口(gyaman333@gmail.com(半角で入力してください)
    http://www50.atwiki.jp/hnagashi/

  2. komi より:

    5/25、同じ日に、釈迦が岳~羽鳥峰へ向かった男性を探しています。黄緑の半袖シャツにモスグリーンのバンダナを頭に巻いています。見かけた方は
    四日市西警察署 TEL 059-394-0110
    又は 三重岳連遭難対策委員会 TEL 059-363-3036
    又は 捜索情報Wiki管理人: 山口(gyaman333@gmail.com
    までお願いします。

  3. HP部 より:

    三重岳連遭難対策委員会 服部様
    komi様

    HP担当の松岡です。5/25に朝明駐車場から中尾根コースで釈迦ヶ岳、猫岳、羽鳥峰と歩き、羽鳥峰峠から下山しましたが、お探しの男性をお見かけした記憶はありません。
    あの日は天気もよく、このコースも大勢の登山客で賑わっていました。
    あつた労山Facebookページ、あつたHP掲示板でも情報をシェアさせていただきます。早く見つかるといいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>