大普賢岳

日程:2014年5月21日~23日
目的:いにしえの修験道を歩く
メンバー:H.O,T.Y,K.S,M.N,M.Y,M.I(投稿者)

名古屋を午後に出て和佐又キャンプ場にテント泊し、翌日大普賢岳を目指します。

シャクナゲが満開です。

役行者が修行したといわれる自然岩窟群

鎖と梯子の連続で緊張します。

大普賢岳山頂。風が強く早々に下山します。

少し下って、水太覗で休憩

歩いてきた道が見えるかな?

ヒカゲツツジとシャクナゲが咲く七曜岳

行者還岳山頂。行者も引き返したという山。この先は切れ落ちており、私たちも分岐まで引き返します。

今宵の宿・行者小屋は水もトイレもある快適な避難小屋

早朝降っていた雨も上がり、霧の中下山します。

ヤマシャクヤクの群落

ほとんどがまだ蕾

シロヤシオもまだ蕾

一の垰から下ります。

タクシーが待つ行者還トンネルに無事下山しました。

梯子や鎖が続く険しい稜線、自然岩窟群、山頂に納められた錫杖や木札・・・、ここはまぎれもなく古よりの修験道でした。見渡す限り山また山で、こんなに奥深い山は初めてです。名古屋から少し遠いですが、これからも度々足を運び、繋いでいきたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>