八経ヶ岳

日程  :2014年6月17日(火)-20日(金)
目的  :いにしえの修験道を歩く・第2弾
メンバー:H.O, T.Y, T.O, M.N, M.I(投稿者)

大峰奥駆道第2弾は前回下山した行者還トンネル東口からスタートします。

ひと登りで奥駆道の一ノ垰(タワ)に到着。ここから弥山を目指します。

弁天の森で一休み。

弥山小屋に到着。親切な小屋番さんに奥駆道の危険個所、水場、下山後の温泉などアドバイス頂きました。

2日目は朝から雨。オオヤマレンゲもまた固い蕾で、今一つテンションが上がりません。

奥駆道(大峰山脈)の最高峰八経ヶ岳(1915.1m)に到着。
雨のため展望なしですが、この笑顔です。

崩落個所を迂回します。浮き石があり、ちょっと緊張!!

これは何?

今宵の宿は深仙ノ宿跡にある深仙小屋(避難小屋)。
囲炉裏の火が雨で濡れた体に有難かったです。

3日目は待望の快晴! 深仙小屋を後にして、奥駆道を南下します。

太古の辻から南奥駆道が始まります。

石楠花岳手前の気持ちの良い尾根で一休み。シャクナゲは終わっていました。

垂直の岩場。一歩が遠く、短足を呪いました。

持経ノ宿跡に建つ持経小屋(有料避難小屋)に到着。今日もよく歩きました。乾杯~!

4日目も快晴。お世話になった持経小屋をきれいに掃除して、出発です。

ミズナラの巨木。

転法輪岳で三角点タッチ。数えきれないほどの峰々を繋いできました。

最後のピーク、行仙岳が見えてきました。あとひと息です。

NTT無線中継所がある行仙岳に到着。携帯のアンテナが3本立ち、メールがどっと入ってきて現実に引き戻されました。さあ、下山です。

ついに白谷トンネル東口に下山。みなさん、お疲れ様でした。

このあと予約したタクシーで行者還トンネル東口に戻り、上北山温泉で4日間の汗を流して帰途につきました。
次はここからスタートです。いつになるかな?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>