紅葉の富士見台へ

10月18日、仲間5人で神坂神社から古代東山道を歩き、富士見台高原の紅葉を楽しんで来ました。

中央道園原ICからヘブンスそのはら方面に向かい、すぐ右手の「古代東山道」の案内通りに曲がり、くるくると山道を登ると、神坂神社に到着。名古屋からなら1時間半ほどです。

よく整備された、大変歩きやすい道です。

最初は林道をゆるゆると。このあたりから、ちょっと山道っぽくなります。

それにしても、道々の紅葉の綺麗なこと!気のおけない仲間たちとの山行ですので、
おしゃべりも楽しく、遠い道のりも気になりません。

この辺りは昔は牧場だったということで、牛を追い込むためのこんな柵がいまも残されています。
富士見台の笹原ができたのは、そういう歴史があるからなのですね。

もう少しで萬岳荘。

萬岳荘で少し休憩をしてから、いよいよ富士見台を目指します。

先ほど休憩した萬岳荘が、もうあんなに下になりました。

それにしても、本当にいい天気

遠くの山々もキレイに見渡せます。

目指す富士見台山頂は、もうすぐそこ。

到着です。気持ちいい山頂は多くの登山客で賑わっていました。

わたしたちが山頂で眺めた景色をおすそわけしますね。

富士見台から、今度は神坂山に向かいます。神坂山までの笹原の道の気持ちいいこと!
以前行った四国の剱山から三嶺の縦走を思い出しました。

神坂山の狭い狭い山頂をあとに、そろそろ下山です。
朝は雲に隠れていた恵那山山頂も、ようやく姿を見せてくれました。

のんびり来た道を戻ります。

古代東山道は、途中でブナコースとカラマツコースに分かれます。
どちらもさほど変わりませんが、カラマツコースの方が若干急です。
わたしたちは登りはブナコース、帰りはカラマツコースを取りました。

富士見台へは、ヘブンスそのはらからの道(バス利用もあり)や、
南沢岳から縦走する道もあります。また、萬岳荘まで車で行くこともできます。
体力、気力にあわせ、いろいろ楽しめるおすすめの山です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>