夏山合宿Dパーティ・小仙丈沢~仙丈ヶ岳

日程:2015年8月22日~23日

目的:トレーニングを通して遡行技術とメンバーシップを磨き、3000m級の山を沢から登る。

メンバー:S.S、T.H、Y.E、K.K、K.T、Y.F、M.I(投稿者)

合宿で南アルプスの小仙丈沢に行ってきました。
台風の影響が心配されましたが、雨に遭うことなく快適に遡行し、小仙丈カールから仙丈ヶ岳の山頂を踏んで、北沢峠に無事下山しました。

1日目、仙流荘からバスに乗り、北沢峠で乗り換え野呂川出合で下車しました。

1

暫く林道を歩くと・・・。

2

これから登る小仙丈沢が見えてきました。大滝が2つひかっています。 

3

小仙丈沢に懸る小橋に到着しました。沢靴に履き替え入渓します。
「行くぞ小仙丈沢、エイエイオー!」

4 

入渓して暫くは流木が沢を塞ぎ、中々前に進めません。

5

最初の滝です。
先行パーティの先にオレンジのテントが見えます。今日のテンバは満員御礼のようです。

6

 平らなところは全て先行者がテントやタープを張っていたので、傾斜地をならし、タープを張るための木を立て、細引きで固定します。 

8

タープ一張りと、ツエルト一張りが今宵の宿です。

9

まずは「カンパーイ!」

10

楽しい夕餉の時間です。

14

沢の音を聞きながら、静かに夜は更けていきました。

16

2日目、明るくなるのを待って出発します。北岳がくっきりと姿を現しました。

17

F1です。右から巻きました。

18

この沢の核心F2です。
本流は登れそうにありませんでしたので、左の枝沢をザイルを出して登りました。

19

左右の滝の間の小尾根を登り、途中で左の滝に取りつきます。
7人が効率よく登るため、ザイルを2本出しました。 

21

大滝を2つ登ってほっとひと息。南アルプスの山々が見えます。

22.1

この後は小滝をどんどん登っていきます。

22

滑らないように確実に足を置いて登ります。

24

青空が見えます。カールに着くまでお天気が持ちますように・・・。

23

トイ状6mの滝が現れました。これが最後の滝です。

25

源頭部に近づき水が枯れてきたので、下山用の水を汲みます。

26

カールが近づいてきます。

27

小仙丈カールです。稜線には多くの登山者がみえます。

29

沢装備を解き、ハイマツの切れ目を選んで登山道を目指します。 

30

がれ場を落石を起こさないように慎重に登ると・・・

33

やった~。登山道2880m付近に出ました。

35

ここから山頂までは25分です。山頂には多くの登山者がいました。
会旗を出して記念撮影です。

37

時折ガスの間からカールが見えます。さあ、下山です。

38

小仙丈岳でひと休み。展望はいまいちで甲斐駒ヶ岳はガスの中です。

39

北沢峠に無事下山しました。みなさん、お疲れ様でした。 41

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>