夏合宿Aパーティー:仙塩尾根縦走

日程:2015年8月7日~8月9日
山域:南アルプス
メンバー:CL/NM、HU、YE
行程:
8/7 6:30藤ヶ丘駅==名古屋IC==伊那IC==仙流荘9:30/10:05仙流荘発==大平山荘着10:50/11:00大平山荘ーー14:30仙丈小屋(泊)
8/8 4:30仙丈小屋—仙丈ヶ岳—大仙丈ヶ岳—野呂川越—三峰岳—16:20熊ノ平小屋(泊)
8/9 4:30熊ノ平小屋—伊那荒倉岳—新蛇抜山—北荒倉岳–塩見岳—三伏峠小屋—17:30鳥倉登山口—18:10越路(ゲート)

2015年夏合宿で、南アルプスの仙丈ヶ岳から塩見岳、ふたつの3000m峰を結ぶ仙塩尾根を歩いて来ました。この長大な尾根を歩ききるために、長距離歩行トレーニングで鋸岳、木曽駒ケ岳、笠ヶ岳等を登り、体力的な自信を持って臨んだ山行で、当初3泊4日の予定よりも1日早く踏破することができ、メンバー一同満足の行く合宿になりました。

IMG_9328

出発前にメンバー3人で記念撮影。大平山荘を出発して、この日は仙丈小屋までの行程。

IMG_9330

薮沢コースを歩きます。大平山荘のスタッフのみなさんから、このところ毎日2時になると決まったように夕立になると聞いていたので、少し急ぎ足で進みます。

IMG_9332 IMG_9333

トレーニングで登った鋸岳がよく見える榛の木展望台。
数週間前は、向こうのてっぺんからこちらの尾根を眺めていたっけ。

IMG_9334

鬱蒼とした樹林の急登を登りつめると

IMG_9337

薮沢に出ました。ここからは少し斜度が弛み、沢沿いの道を進みます。

IMG_9359

午後2時を過ぎ、やはり雲が湧いてきましたが、今のところ雨はなし。

IMG_9375

雨に降られることなく、無事に仙丈小屋に到着。

IMG_9411

素晴らしい夕焼けに、翌日の晴れを期待して就寝。

IMG_9441

IMG_9433

翌朝は4時半から歩き始め、ちょうど仙丈ヶ岳の山頂に着いた時、ご来光を迎えることができました。

IMG_9460

雲海に影仙丈ヶ岳がくっきりと浮かびます。

IMG_9467

朝陽に照らされ、これから行く道がはっきり見えます。さあ、頑張って歩こう!

IMG_9483

岩尾根を歩いて、大仙丈ヶ岳山頂に到着。

IMG_9501

つい先程までいた仙丈ヶ岳がだんだん遠くなっていきます。

IMG_9515

稜線歩きはこのあたりまで。この先は、しばらく樹林の道になります。

IMG_9520

鬱蒼とした登山道を黙々と歩きます。この日は3000m峰の仙丈ヶ岳から700m以上下り、また2999mの三峰岳まで登り上げるコース。
よく整備された道は歩きやすいのですが、累積標高差は半端なく、次第に体力を奪われます。

IMG_9525

伊那荒倉岳の山頂も樹林の中。

IMG_9530

IMG_9531

延々と歩いて、高望池に到着。池とは名ばかりで水は完全に干上がっています。

IMG_9542

IMG_9543

独標に着いて、ようやく視界が開けました。
しばらくぶりの眺望に、疲れも忘れます。

IMG_9550

独標を過ぎ、またしばらく樹林を進むと横川岳。

IMG_9551

さらに樹林を歩き、ようやく両俣小屋への分岐、野呂川越に到着。
今回のルートで唯一のエスケープルートですが、天候も体調も問題ないのでこのまま先に進みます。

IMG_9563

野呂川越を過ぎてから、少しだけ木立のあいだから白峰南嶺の稜線が見えました。
ここもいつか歩かなければ。

IMG_9564

三峰岳への登りで唯一の鎖場。ほんの3mほど岩を越えるところですが、けっこう高度感あります。鎖がなかったら、下りの場合は怖いかも。

IMG_9571

あと少しで三峰岳ですが、ここまで来れば慌てることもないので、絶景をみながら休憩中

IMG_9572

それにしても、素晴らしい天気、素晴らしい眺め。ここまで歩いたからこそのご褒美です。

IMG_9579

無事、三峰岳到着。この日、最後のピーク。あとは熊ノ平小屋まで下るだけ。

IMG_9589

下るだけと思ったけれど、熊ノ平小屋はけっこう遠かった・・・

IMG_9591

疲れた足でさらにさんざん歩き、農鳥岳への分岐を過ぎて、遠くに小さく見える熊ノ平小屋目指し、どんどん下って・・・

IMG_9597

ようやく熊ノ平小屋に着いた時は、本当にホッとしました。
明日も頑張って歩こう。

IMG_9606

3日目も晴れ。この日は塩見岳を越えて、三伏峠小屋までの予定で歩き始めます。

IMG_9608

縦走路にあるピークを、巻かずにひとつひとつ登って行きます。
ここは阿倍荒倉岳への分岐。親切に案内板がありました。

IMG_9632

阿倍荒倉岳からの眺め。ここには三角点があります。

IMG_9644

縦走路を進んで、新蛇抜山への分岐も案内板がありました。

IMG_9647

新蛇抜山のケルンがあるだけの山頂。でも、縦走路を歩いているだけでは見られない景色がありました。

IMG_9661

新蛇抜山のピークを踏んで、また縦走路に戻ります。

IMG_9667

高度が上がって、樹林の道から眺望の道へと変わってきました。塩見岳もずいぶん近づいてきました。

IMG_9673

塩見岳手前の北荒倉岳山頂。

IMG_9695

目指す塩見岳は、もうすぐそこです。

IMG_9697

塩見岳の手前、以前はテン場だった雪投沢を通過します。その頃の管理小屋も残っていて、こんないい場所が今は幕営禁止なんだなぁと・・・

 IMG_9705

IMG_9713

公園の遊歩道のようなステキな道を歩いて、塩見岳がどんどん近くなって行きます。

IMG_9723

北ノ俣岳への登りは、少しザレていて要注意

IMG_9742

さあ、もうひと登り。

IMG_9748

塩見岳東峰に到着!

IMG_9760

大勢の登山客で賑わう西峰に行きましょうか。

IMG_9765

塩見岳西峰到着! 

IMG_9768

塩見岳は、塩見小屋までの下りが大変なので、気合を入れて下り始めます。

IMG_9771

何度も歩いた道だけど、やはりちょっと緊張する塩見岳の下り。
無事に下り終わって、塩見小屋に向かいます。

IMG_9772

工事中の塩見小屋。オープンは来年の7月だそうです。

IMG_9776

でも、売店はしっかり営業してるし、トイレも使えるので安心です。

IMG_9780

三伏峠へ向かう途中。もう、塩見岳があんなに遠くになりました。

IMG_9790

予定の時間よりも早く三伏峠小屋に到着。
ここでメンバーと協議の上、この日の宿泊は止め、下山することに決定。

IMG_9794

もう山を降りて、お風呂に入れると決まったとたん、メンバーの足取りの軽いこと!

IMG_9795

来るたびに酷くなっていく桟橋もなんのその。

IMG_9801

予定よりも1日早く鳥倉登山口に降りることができました。

IMG_9805

登山口から、車回収のためのタクシーをお願いしてある越路まで、あと30分の車道歩き。

IMG_9808

1時間ほどタクシーに乗って、車の停めてある仙流荘まで戻ったのでした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>