七面山(1,982.4m)

日程:2015年11月28~29日
メンバー:CL/NM、HK
山系:身延山地

11月28日夜発で、身延の七面山に行ってきました。
七面山は身延山とともに法華経信仰の聖地と言われ、標高1700m辺りに敬慎院があり
七面大明神が祭られています。

IMG_5872

今回は七面山から希望峰まで足を延ばし、下山は北登山道を予定したので歩行時間が10時間と長く、前日に登山口まで入り、5時半過ぎには歩き始めました。

IMG_5884

歩くうちに夜が明けてきました。今日もいい天気のようです。
樹林の道ですが、この時期、葉を落とした樹間からは遠くの稜線がキレイに見えます。

IMG_5882

よく整備された登山道(というよりは参道)は歩きやすく、要所に休憩処があるので安心です。

IMG_5887

IMG_5888
23丁目の休み処。「ところてん」いいなー。でも、まだ営業してません。
あれ? ルパン三世も来たの?

IMG_5893

歩き始めて3時間ほどで和光門に到着。

IMG_5897
IMG_5900

鐘楼わきの水は凍っています。歩いているので寒くはないのですが、かなり気温は低めです。

IMG_5902

吉祥門から広い敬慎院の境内に入りました。

IMG_5906

本堂の前で祈りのポーズ

IMG_5908

IMG_5909

実はこの日、「身延山七面山修行走~この道を駆け抜けた者のみに、抜苦与楽への道を与えん」というトレイルランニングの大会が開催中で、この敬慎院もランナーたちのエイド場となっていて、ついさっき選手たちを迎える準備が整ったとのこと。
私たちは9時頃、先頭でここに到着した!ということで(もちろんジョーク)スタッフのみなさんに歓迎され、おぜんざいまでいただきました。(^^)v

IMG_5911

敬慎院をあとにこの階段を登り、その先の随身門をくぐると。。。

IMG_5922

IMG_5919

この絶景!しばし見とれたあと、七面山山頂へ向かいます。

IMG_5924

葉を落としたカラマツ林の間を気持ちよく進みます。

IMG_5929

大崩壊地、ナナイタガレをこわごわ見下ろし、

IMG_5935

1時間ほどで三角点のある七面山山頂に到着しました。
IMG_5955

山頂にはこんな方位版も設置されています。かつては好展望地だったのでしょう。
今はなにも見えない山頂です。

IMG_5939 IMG_5942

七面山を後に、稜線を進んで希望峰へ向かいます。
途中の木の枝には、サルオガセの衣がびっしり。不思議な雰囲気の森です。

IMG_5944

IMG_5951

七面山から30分程で喜望峰に到着。ここからは雪を頂いた南アルプスの展望が広がります。

IMG_5953 IMG_5947

この夏はあの稜線を歩いていたなぁと懐かしく眺めました。

IMG_5962

喜望峰から七面山山頂、ナナイタガレと通過して

IMG_5977 IMG_5973

また、富士山ポイントに戻ってきました。

IMG_5983

随身門からの富士山。一服の絵のようです。レース折り返し地点の三角コーンがちょっとお茶目。(笑)

IMG_5987

IMG_5994

階段の下では、スタッフのみなさんたちが参加選手たちにエールを送っていました。

IMG_5988

さあ、わたしたちも選手たちに交じって、北登山道をくだりましょか。

IMG_6001

IMG_6007

IMG_6005

IMG_6013

IMG_6019

敬慎院の50丁目から登山口の1丁目まで、約3時間かけて下ってきました。
さすが、選手たちは早いこと。あっという間に追い抜かれ、小さく見えなくなってしまいました。
※ちなみに、この日のロングコース(七面山越え36kmコース)の優勝者の記録は3:52:54!何とも想像のつかない速さです。(^^;

IMG_6024

この日歩いたのは19.3km、標高差1663m、約9時間30分。私にとってはけっこうな修行の道。
今度、この山に来るときには、ぜひ敬慎院で泊まって、名物のロールケーキ布団で寝てみたいと思ったのでした。

sitimenzan

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>