合宿トレーニング@西穂高岳

日程:2016年4月23、24

山名:西穂高岳(2,909m)

メンバー:K・Y(CL)Y・K T・I Y・S Y・F

合宿のトレーニングで西穂高岳に行ってきました。

初日は、新穂高温泉から西穂山荘まで行き、山荘脇の斜面で雪上訓練を行いました。

翌日は西穂山荘から西穂高岳の山頂を踏み、西穂山荘でテント回収後、新穂高温泉まで下りました。

DSCN3746

明日はあの稜線の真ん中に見える西穂高岳まで歩きます。

DSCN3747

西穂の稜線を見ながら今日は西穂山荘まで。

DSCN3756

山荘に到着後テント設営し、山荘脇の斜面で雪上訓練。

まずはフィックスロープを伝い、急斜面での下降の練習。

DSCN3764

続いてフィックスロープを使って登り、途中からそのまま滑落停止の練習。

DSCN3780

きれいだった斜面が足跡だらけに(笑)かなり時間かけてやりました。

DSCN3783

翌日明けて、天候回復の予想だったので、西穂に向け出発です。

DSCN3784

まずは丸山到着。景色は全くありません(^^;

DSCN3786

ここら辺はまだ雪がありません。

DSCN3788

しばらく進むと雪が付き始めます。恐らく昨日の晩に降った雪でしょう。

DSCN3789

徐々にガスが切れ始め、進む稜線がかすかに見えてきます。

DSCN3791

これからきつい登りが待っているのに元気なメンバー。

DSCN3792

岩稜帯に入ります。南山でトレーニングしたアイゼンワークが試されます。

DSCN3794

独標に到着!ここから独標含め11峰のピークを越えて西穂高岳に向かいます。

DSCN3800

独標の下り。先輩より聞いたアドバイスを頼りに慎重に下っていきます。

下りた先は痩せ尾根。飛騨側、信州側ともに切れ落ちています。。。

DSCN3801

10峰。

DSCN3803

進む先にピラミッドピークがかすかに見えます。

DSCN3804

独標を振り返る。

DSCN3805

9峰。

DSCN3806

8峰ピラミッドピーク到着!みなでピラミッドポーズ(笑)

DSCN3808

目指す西穂高岳の姿が現れ始めました。

DSCN3811

信州側は危険なため、飛騨側を巻きます。

DSCN3813

来たルートを振り返り、よく登ってきたなあとみなで感心(笑)

DSCN3822

山頂直下の急登核心部。切ってあるステップを慎重に登ります。

DSCN3816

西穂高岳山頂に到着!天気も文句なしの快晴!

DSCN3818

山頂からの景色に癒されます(^^)

DSCN3823

右側から笠ヶ岳、錫丈岳、そして真ん中奥には御嶽山が雲海に浮かんでいます。

DSCN3824

雲海を見ながら下山していきます。

DSCN3826

下山も元気に慎重に下ります!

DSCN3829

正面に霞沢岳、はるか下に上高地のバスターミナルが見えます。

DSCN3831

下山最後のピーク丸山で記念撮影。精神的に疲労困憊の中、無理やりスマイル(^^;

DSCN3833

下山後は温泉に寄り、高山の奈賀勢でテッチャン、トンチャン、うどんのホルモンミックスで舌鼓♪

今回の西穂高でのトレーニングは合宿を想定した良いトレーニングになりました。

メンバーの皆さん、お疲れ様でした!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>