2016.04.29~05.04 大峯奥駈道(前半)

ゴールデンウィークを利用して大峯奥駈道を歩いてきました。

大峯奥駈道は熊野から吉野へ続く、修行の道。

熊野から吉野へ歩くのを「順峯」、吉野から熊野へ歩くのを「逆峯」と言うそうです。

今回私は「逆峯」の道を辿りました。

携行したGPSのデータによると距離は112km、

累積標高差は登り1,1240m、下り1,1430mとまさに修行の道。

健脚者向けのコースとなります。

gps2

1日目 - 4月29日

前日泊まった下市口から吉野へ始発で移動。

GW初日なので「混んでるかな?」と思ったけど、人はまばらでした。

「まずは足慣らし」と、吉野散策を楽しみながらのスタートです。

【AM6:40吉野駅着】

★IMGP0013

【吉野-金峯山寺】

★IMGP0027

同じくGWを利用して奥駈道を歩く方々と声を交わしながら、先へ。

10名程度すれ違ったかな?思ったよりも奥駈道を歩く方たくさんいらっしゃいますね。

【山上ヶ岳への道】

★IMGP0043

宿泊するつもりだった二蔵宿小屋に到着。

とてもきれいな小屋でしたが、まだ昼前なので先を目指す事に。

ここからグイっとペースを上げます。

【二蔵宿小屋】

★IMGP0052

【山上ヶ岳への道-鎖場】

★IMGP0061

この日は天候荒れ気味。風が強く、みぞれやあられがパラパラ!?

途中の洞辻茶屋は冷たい風から逃れられ、ありがたい休憩地でした。

【洞辻茶屋】

★IMGP0064

【霧氷】

★IMGP0066

楽しみにしていた西の覗は、残念ながら(!?)ガスで下が見えず。

大峯山寺、山上ヶ岳を通り、小笹宿へ向かいます。

小笹宿の小屋は狭いですが、水が豊富で、平らな場所が多く快適なテン場。

強風とテン場スペースを心配していましたが問題ありませんでした。

この日はとても寒く、3シーズンのシュラフ+ダウンジャケットでなんとか寒さをしのぎながら就寝。

【西の覗きへ】

★IMGP0079

【ガスで何も見えなかった西の覗】

★IMGP0082

【大峯山寺】

★IMGP0089

【小笹宿】

★IMGP0100

2日目 - 4月30日

2日目。快晴♪

この日は大普賢岳、行者還、弥山、八経ヶ岳を通り、楊子の宿を目指します。

ちょっと距離があるので、弥山到着の時間で一度判断する事とします。

【快適な登山道】

★IMGP0112

【結界】

★IMGP0106

今回は軽量化のため、ガスではなくアルコールストーブを持って行きました。

アルコールストーブは火力が弱いため、食事はお湯で作れるものに割り切ります。

朝はテントでグズグズしたくないため、アルファ米の赤飯にお湯を入れたら出発。

赤飯はサコッシュに入れておき、適当に気の利いた場所で食事を取ります。

【2日目の朝食、赤飯】

★IMGP0117

途中、広くて大きな行者還小屋で大休憩をとり、弥山へ。

弥山小屋は大きな営業小屋。たくさんの人で賑わっていました。

楊子宿の水の状況がわからなかったため、ここで水を分けて頂く事に。

水の重みがずっしり加わってめげそうになりますが、さらに先を目指します。

【行者還小屋】

★IMGP0129

【弥山への登り。この後の階段がこたえる、、】

★IMGP0139

【弥山小屋】

★IMGP0146

弥山を過ぎると急に人影が減ります。

また歩きにくい場所も増えるため、気をつけて先へ進みます。

【八経ヶ岳】

★IMGP0153

【五鈷峰】

★IMGP0158

そして2日目の宿、「楊子の宿」に到着。

テント場は狭く、すでに5張あり満員。

小屋の中をのぞくと、まだ空きがあったのでこちらで寝かせてもらうことに。

とてもきれいな小屋で、この日は1階に7名、2階に3名でした。

ベテランさんと山の話をしながら、7時ごろには就寝。

【楊子の宿】

★IMGP0165

【弥山で一本だけ調達したビール】

★IMGP0166

後半へつづく。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>