教育部講義「安全な登山とは 計画書の作り方」

9月29日会事務所にて、後期の教育部講義の第1回目を行いました。

テーマは「安全な登山とは 計画書の作り方」です。

登山にリスクはつきもの。安全に登って下りてくるためには、そのリスクとどう向き合うか。

そして、それを踏まえた上で、どのような計画を立てて山へ入るか。

実際に考えられるリスクを考えながら、山行計画を考えてもらいました。

img_3987

新入会員の方に多く参加して頂きました!

img_3985

山でのリスクとはどのようなものが考えられるか?

img_3986

リスクを想定した上で、計画を立てます。

実技は10/2、湖南アルプスの「鶏冠山」で、

テーマは「歩き方 計画の実施 装備の使い方 パッキング」です。

果たして、計画通りに実施出来るでしょうか??

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です