野郎4人で行く、阿木川遡行珍道中!

日程:2018/9/2
山名:阿木川
山域:恵那 中央アルプス
メンバー:CL:KI  KF  会員外2名

どうも、あつた労山のジミー・珍ことKFです!
今回はKI君、ほか日本山岳会のKちゃん、東海山岳会のH君と阿木川を遡行してきました~
東海のH君は沢は初めてとの事で、楽しみですね!


風神神社で前日入りしていたKI車と合流。準備して遡行を開始!

駐車場傍から即入渓。前日の雨で増水気味ですが、日差しもあっていい感じ。


雨で出てきた小滝にてKちゃん。


へつります。


癒しの滝でKI君滝行のはずが、増水で足が付かず


へつって丸太を渡る遊び


Kくんが持ってきた安倍川餅、俺、沢で安倍川餅持ってくるクライマーはもう信用しねぇ(下山開始がちょっと遅れた。

ってわけで、名古屋在住の混成沢屋パーティーで阿木川遡行でした!
前日からの雨でどうなることかと心配していましたが、増水こそすれ川の水は濁っておらず楽しい遡行となりました!
特に途中のへつりと丸太渡りのところはキワどいボルダムーブを要求されましたが、全員ジムで鍛えてるだけあって突破できましたw
(左岸で楽々突破できましたが、あえてこのルート(笑)
沢初のH君もボルダー3級だけあって、遡行に困るところは皆無でした!沢登りの楽しさも知ってもらえたようで、これからどんどん強くなりますね!

ちょっとエッチな脱渓後談がありますので、苦手な方はここで戻るボタンをクリック!

脱渓後談↓↓

下山すると、なんとKI君とK君から僕に誕生日プレゼントが!

僕『うれしいねぇ~ありがとう!・・・・何これ?』

KI君、K君『エ〇本』

僕『いや観ればわかるけど・・・で、閉じ紐切るナイフは?』

H君『ここにあります!沢でこのナイフ使ったことないのですが…』

僕『つまりこのナイフの山での初めての仕事は【エ〇本の閉じ紐を切る】になるわけか・・・』

数分後、そこには脱渓した臭い体で人気のない神社の境内でエ〇本を読む男子の姿があったとかなかったとか・・・
まったく、先輩をなんだと思っているんだ!(その後しっかり楽しませていただきました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です