紅葉の養老山

日時:2018/11/25
山域:養老山地
山名:養老山(859.3m)
メンバー:CL/NM(記)、MT

三連休最後の1日、のんびり紅葉の養老山を歩いて来ました。
養老の滝から入るこのコース、滝までは幼稚園の遠足で行ったことがありましたが(半世紀前!)NMは初めて歩きます。
近くに住んでいても、なかなか縁のない山もあるもんで・・・

この日は名駅からJRで大垣まで。養老鉄道に乗り換えて養老駅を目指します。
たまたま「さわやかウォーキング」も開催され、電車は満員。
養老駅から滝までは、ウォーキングの人たちとにぎやかに歩きました。

養老駅のこの駅名、実はヒョウタンで出来てます。
さすが、養老の滝伝説が残るこの地です。

駅から登山口まで、川沿いを紅葉を愛でながら歩きます。

養老の滝は有名な景勝地、人もいっぱい。
喧噪を抜け、滝の横の階段を上って登山口のある「滝上駐車場」へ。

駐車場を出てすぐに登山道入り口があります。

この分岐で左へ。まずは三方山を目指します。帰り、元気だったら林道コースで帰って来よう。

自然石を利用した小さなダムのところを渡渉すると登山道の始まり。
よく整備された道を気持ちよく歩きます。

登山口から1時間20分ほど歩き、分岐から1分ほど急坂を登ると三方山の山頂。
濃尾平野が見渡せるいい頂上です。

標高が上がると、紅葉はほとんど散り果てていましたが、名残の紅葉を愛でながら歩きます。

笹原峠に到着。ここで、登山道は養老山と旧牧場(アセビ平)に道を分けます。
私たちは養老山山頂を目指して進みます。

階段の急坂を登ると小倉山。いい景色です。さらに進みます。

小倉山から少し下って、さらに登る。目指す養老山はすぐそこです。

養老山に着きました。1等三角点ゲット!
でも、眺望がまったくない山頂なのですぐに下山。

眺めのいい小倉山まで戻って、のんびり休憩しました。

笹原峠に戻ったのが1:20PM。ピストンするか、旧牧場から下山するか少し迷って、当初の計画通り旧牧場林道コースで下ります。
ついさっきまで歩いていた稜線が、もうあんなに遠くなりました。

こちらのコースは、遠回りで時間がかかることは承知の上でしたが、それだけの甲斐がある紅葉の道でした。

分岐まで戻れば、養老の滝まではすぐ。また、喧噪の観光地に戻ってきました。

今回、初めて養老山を歩きましたが、整備が行き届き(若干、過多?)階段多めの登山道ではありましたが、その分安心して歩け、景色も紅葉も堪能でき、大変楽しい山行となりました。

私事で夏以来ほとんど山にも行けず、今回いきなりの16㎞は調子に乗って歩き過ぎかとも思いましたが、さほど膝も腫れず、ひどい筋肉痛もならず、いいリハビリになりました。
お付き合いいただいたMTさん、ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です