八ヶ岳西面アイスクライミング

日程:2019.1.12~14

山域:八ヶ岳西面

 1日目 美濃戸~赤岳鉱泉~ジョーゴ沢F3手前~赤岳鉱泉

 2日目 裏同心ルンゼ~大同心南稜~大同心稜~赤岳鉱泉

 3日目 クリスタルタワー偵察~アイスキャンディー~美濃戸

メンバー:KF TN KY(記)

3連休を利用して、八ヶ岳西面のアイスクライミングに行ってきました。

幸先悪い出だしでしたが、終わってみれば良い山行となりました。

当初メンバーは5名でしたが、流行りの病気も影響し、急きょ3名と減員。

さらに、今回はテント泊の予定でしたが、朝、会の事務所に入ろうとしたところ、鍵が壊れて開かず。中止にするのももったいないので、テント泊用デカザックで赤岳鉱泉に連泊をしてきました。

まずは、行けるところまでジョーゴ沢詰めていきます。

F2はKYリード。

乙女の滝、F3手前でタイムオーバー。来たルートを懸垂で下り赤岳鉱泉までもどりました。

赤岳鉱泉に戻ってから、新年会と称して、遅くまで盛り上がり、2日目用に持ってきたお酒を1日目で空けときました。

2日目は裏同心ルンゼ~大同心南稜の継続登攀。最初の滝はフリーで抜けます。

F2はTNがリード。ここは寝ていますが、結構長いので50mザイルを目一杯伸ばします。

F3。元会員のKKさんとばったり会い、写真を撮ってもらいました。

KKさん、月10回近くジムに通い、今ではイレブンクライマーだとか。

ここはKYがリード。前のパーティーが落ちかけたり、また、ソロクライマーが激落ちしたりと、登る前に良い絵をたくさん見させてもらい、気合が入ります。

裏同心を抜け、大同心基部をトラバース。このトラバースが高度感あり結構怖かった。

南稜は経験者のKFがリード。簡単とは言っていたが、2ピッチ目は高度感抜群で、いやな個所もあり、中々登り甲斐がありました。

フォローなにの謎のドヤ顔。でも、景色が良いので載せます(-_-)

ドーム部分をバンドから巻いて、大同心の頭で記念撮影。

今回は南稜からバンドを巻いて大同心の頭に立ちましたが、次回は、雲稜ルートからドームを登り、トップアウト出来る様、精進していきます。。。

3日目は、八ヶ岳西面最難?と言われているクリスタルタワーの偵察に。近くまでは行けませんでしたが、遠目から見てきました。まだ滝がつながっておらず、登れる様子はありませんでした。願わくば、登れる状態だったら少しでも触ろうと考えていましたが、

ネットで滝のつながっている写真を見たところ、登る前敗退してしまいそうな立ち具合。

でもいずれはトライしてみたいものです。

偵察後はアイスキャンディーで各自4本ずつ登り、下山しました。

今回、正月北海道にこもっていた、入会3年のKFの成長ぶりに驚かされました。

さすが20代。40代のおっさんは着いていくのにいっぱいいっぱいでしたw

今回は、久々におなか一杯満足の山行となりました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です