八ヶ岳 南沢 広河原沢右俣 アイスクライミング

日程:2019.2.16〜17

山域:八ヶ岳西面 南沢大滝 小滝

広河原沢右股 武藤返しの滝 クリスマスルンゼ

2/16 赤岳山荘〜南沢 八ヶ岳山荘泊

2/17 舟山十字路〜広河原沢右俣

メンバー:TN RI KN (J山の会) KY(記)

少し前になりますが、八ヶ岳の南沢、広河原沢右俣にアイスクライミングに行ってきました。2日間とも天候もよく、シーズン最後の良いアイスクライミングになりました。

赤岳山荘まで車で入りまずは南沢を目指します。

まずは南沢小滝に。人が多く、すだれ状態。小滝を抜けた上部の左右にある2箇所ある支点は取れず、スクリューで支点を取りトップロープでアップ。

小滝でアップしてから大滝へ移動。こちらも人が溢れており、ほとんどのルートが埋まっていて、空くまで待機。1番やさしそうなラインが空いたので、KYリードでトップロープをセットしてから、皆で1本ずつ登りました。TN、RIには寒い中大分待たせてしまい申し訳ない。

その後一旦下山し、いつものもみの湯に行ってから、八ヶ岳山荘で宴会して仮眠室を利用し翌朝を迎えました。

翌日は阿弥陀岳に抜ける、広河原沢の右俣に。八ヶ岳山荘から舟山十字路へ移動し準備をして出発。

前方にはこの時期には白いはずの、阿弥陀岳が、黒々と聳えています。

舟山十字路から林道を歩く事1時間、平坦地に到着。ここで小休止。

ここから中央稜を右側に巻き、本谷の凍った川の上を右俣に向かって進みます。

平坦地より1時間程歩くと、右側に大きな岩が現れます。ここを右に入るといよいよクリスマスルンゼです。

まずは武藤返しの滝を目指しました。が、滝の状態が良くなく、時間もないため、登攀は諦めクリスマスルンゼに向かいます。

クリスマスルンゼまでにいくつか小滝があり、フリーで抜けます。

クリスマスルンゼは2段の滝になっており、KN・RI KY・TN 2パーティーに分かれて登りました。2ピッチで、1段目の終了点は、抜けた右側に灌木と灌木に残置スリングがあったが、位置的に使えなかったので、アイスの混じった木の根を使用しました。

登れそうなラインは右側のみでKNパーティーが先に上り、下山の時間もあるため、KYパーティーは左側のラインを上がりました。水分を多く含んだ氷でアルミ製のスクリューでは中々決めずらく苦労しながらなんとかトップアウト。

両パーティーとも抜け、抜けた上部に支点となる灌木1本があり、そこをビレイ点、懸垂支点として使用しました。

2段目の滝を抜けたフォローのTN。

今回は行きたかった2箇所を両方とも行けたので満足の山行となりました。一緒に行ってくれたメンバーに感謝です。そしてお疲れ様でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です