平成ラストのパウダー天国?大崩山、北東尾根、山スキー

日程:2019.4.4(木)

山域:北アルプス

メンバー:古田、石原(記)

こんにちは。毎週温泉を満喫しています、石原です。

始まりは、先週末、、、最終営業日のmt乗鞍スキー場へ遊びに行ったら上部ゲレンデは膝上のパウダー。その後も降る予報なのを見ると、気温が上がる前の木曜日、更に日射の入りにくい斜面、2000m以上の標高があるところはヤバイことになっているだろうと想像したら居ても立っても居られなくなってしまい、急遽有給を取得。古田君も強引に誘って、ずっと狙っていた大崩山北東尾根に行くことが決定しました。

スタートから四月とは思えないパウダーでテンションが上がります。

前日に山スキー界のレジェンドが同山域に入っていたらしく、トレースの付け方を勝手に学びながらガンガン標高を上げます。

四ツ岳との分岐からはトレースもなくなり、ルーファイしながら進みます。

下部は融解凍結層と新雪との結合が悪く、傾斜のあるところでは苦戦し、更に上部は結合は良いものの、激しいラッセル!!

130cmのストックが楽々埋まる程の新雪の中、4時間ほどラッセルのアルバイトをし、無事山頂へ

360度の展望のはずが、真っ白けっけな山頂。

風も無く暖かかったものの、写真も撮れないので、パパッと滑走準備に入り、後はお楽しみ〜

上部500mは、噂通りの疎林と程よい傾斜で最高な斜面!

そこに底付き無しクリーミーパウダーが溜まっていて、今期一の気持ち良さでした〜

撮った写真全てで笑顔な古田君。

欲を言えばもっと太い板で行きたかった…

薮っぽい尾根を過ぎると下部はデロデロの湿雪雪崩祭り。

コミュニケーションをうまく取りながら、地形も使いながら切り抜けました。

ストップスノーの中下山すると快晴で、まあこんなものだよねと。

北東尾根は、最高なパウダーと、程よいアドベンチャーと、良い疲労感で、大満足な山行でした〜

 

 

 

追記(2019.04.18)
こんにちは、古田です。
木曜にわざわざ有給をとって石原君の誘いに乗ったのは大正解でしたね!
雪もよし、初めてのルートで山頂まで行けたし、天気もまぁよしで、今シーズン最高をたたき出してしまったのでは!?
唯一残念な点があるとすると、激パウを信じ切れずにセンター94mmの板を選択してしまったことですね(笑)106mm持ってこればよかった~

上部は底突きなしの激パウ!下部は湿雪重雪でしたが上が良すぎなので、贅沢は言えませんね。
大崩山北東尾根の滑走動画を作成したので、よろしければ!

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です