快晴無風な不帰三峰Dルンゼ、山スキー

日程:2019年4月13日

山域:北アルプス

メンバー:服部(ぶなの会)、堀江(会員外)、石原(記)

不帰三峰Dルンゼ。上部は40〜45度の傾斜。

不帰にあって、不帰に非ずとも言われるスティープ入門。

八方尾根を登っていれば、嫌にも目に付く綺麗なルンゼ。そのデカさ、ここを滑ってくれと言っているかの様なビジュアル以外にも。その、、、カエラズ、ディールンゼ、という響きだけで目標とするには十分すぎる、そう思うのは自分だけだろうか。

こんにちは。毎週スキー三昧の石原です。

先週末は、山中の温泉に行く予定だったのですが、前日に激モナカという情報を得ていたので、八方尾根に転進。

唐松沢や、北面、あわよくばDルンゼを狙っちゃおうという計画。

朝一リフトでまずゲレンデトップに向かいます。

この日は最高な登山スキー日和ということもあって、リフトはハイシーズン並みの混雑。

快晴無風な最高コンディションの中ハイク。

雪の状態を確認しながら進みます。

aルンゼでは、黄砂の層を境に雪崩れているのが確認でき、周りからは南面を中心に雪崩れの轟音が鳴り響いていました。

ビビリな自分は、大人しく無名とか北面落として帰りそうだなと思いながら、ただ順調にハイペースで進んでいきます。

山荘手前のトラバースもスキーでこなして、残りはシートラで山頂へ

劔が輝いていました。

登山者で混み合う山頂を後に、コルへと降りていきます。雪質チェックだけだから。でも時間はかなり余裕あるなと考えながら降ります。

降りて雪質を見ると、案外行けそうなコンディション。

スティープ系ということで、敗退前提で来ていた自分は、マジか!メンタル作らなきゃと焦りながら準備、、、

多くのギャラリーが山頂にいる中ドロップ。

これはもらった!!!

しっとりパウダー。だけど安定した雪面を気持ちよくターンしていきます。

一ピッチ滑ったら、後は快適な唐松沢クルージング。

途中から悪雪になり、ももパンパン!ももパンパン!と叫びながら南滝まで。

巻いたスキーのトレースがあったので、シートララッセルで少し高巻き。

周りで湿雪雪崩れが起こる中、慎重に下っていきます。

途中、際どい渡渉もしながら林道まで。

林道は、2km程雪が無かった、、、

二股の橋でふと山を見ると遥か先に見えたコル。

達成感と、やっぱスキー最高だなって気持ちに溢れて、大満足な1日でした〜。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です