巨大雪庇に敗退、雨飾山、荒菅沢山スキー

日程:2019年4月14日

山域:頸城山塊

メンバー:服部(ぶなの会)、堀江(会員外)、石原(記)

前日のメンバーでその翌日は頸城山塊にある100名山の一つ、雨飾山は荒菅沢を目指しました。

恥ずかしながら山に対する知識が少なく、ついこの間まで頸城というエリアのことを全く知りませんでした。

近くに白馬というビッグエリアがあり、愛知からアクセスが良くない。3000mに迫るような目立った標高の山も無く、雨飾山?百名山??知らないなーって感じでした。

ただ、先月大渚山から見た頸城山塊はあまりにも魅力的で、一月も経たないうちにまた来てしまいました。

というわけで、4時起きスタートです。

12時から雨予報なので早めのスタート。

林道を歩くとほんの数分で雪が繋がりスキーで進みます。

雪煙を飛ばす真っ白なP2を眺めながら硬い雪を嫌に感じながら行くと、

途中からは素敵なブナ林に。

やはり頸城の良さはこのブナ林だなあと感じながらゆるーく上げていくと、

最初の滑走ポイント。

昨日相当晴れて気温が上がったにも関わらず、ナイスパウダー

ちょっと滑ったらまたハイクです。

布団菱を眺めながら、後ろの焼山なども眺めながら、シールと担ぎで突破し、笹平へ

雨の時間も迫っていたので、山頂は省略、、、

ドロップの調査に向かいます。

下から見て、でかいなーと思っていた雪庇も上は2m程ぱっくりと口を開け、ビルほどの大きさの氷塊が今にも落ちそうな状態、、、

こりゃないねー

荒菅沢、敗退です。

後は適当に登路の近くを下っていきます。

途中、自身のスラフやクラックと格闘しながら無事下まで。

後は沢筋をから林道下まで快適に歩いて下山。

雨が降る前に、スキーの機動力を生かして下山できて、気持ちの良い山行でした。

2日間、学びあり、感動あり、ドキドキありの最高な週末でした〜

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です