春の北海道(道東)知床岳・羅臼岳・摩周岳

日程:4月29日~5月3日
山名:知床岳・羅臼岳・摩周岳  山域:道東(知床&阿寒・摩周国立公園)
メンバー:CL/M,I H,O S,B(他会) S,S(記)

今回の北海道・道東の山旅は知床岳~知床岬までの縦走がメイン計画だったのですが…5/1~2日が天候不良のため、残念ながら知床岳ピストンに計画変更し、予備計画の羅臼岳・摩周岳のピークハントを追加して山旅を終えました。

4/29 羅臼町相泊⇔知床岳(日帰り:約12H)
相泊から30分ほど海岸線を歩きます。この辺りは熊の出没が多いところ・・・(;’∀’)

カモイウンペ川を渡渉したあと、尾根に取付き広い尾根の斜面を登ります。

後方に国後島の山並みがよく見えました。

1.5~2mのハイマツの藪漕ぎ・・・涙(;’∀’)が出るほど楽しかったです!
山スキーを担いで来なくて良かった~。

羅臼岳方面の硫黄岳?

ようやく知床岳が見えましたヽ(^。^)ノ

頂上まであと少しですが…手前にもったいぶったように小ピークがあります。

一般登山道が無い山なので山頂の標識もありませんが・・・これが最高点の山頂です。

知床沼を経て知床岬に続く縦走山脈?・・・

4/30 知床峠⇔羅臼岳  日帰り

残念ながら知床横断道の通行時間制限(10:00~15:30)があり、頂上まであと1時間のところで時間切れ・・・Uターンしました。

知床峠をはさんで天頂山、知西別岳が見えます。

5/3 第一展望台⇔カムイヌプリ(摩周岳) 日帰り

1.5Hほど摩周湖を廻り込むように穏やかな登山道が続きます。

山頂では、一時、体が飛ばされるほどの強風がふきました。

GW中、東北の山々を山スキーでエネルギシュに徘徊している若い会員二人をうらめしく思いながら・・・北海道はGW半ばで天候に恵まれずメイン計画が消化不良になりました。それでも私は道東の春:残雪期の山々が初めてで、その様子が把握できて良かったです。いつかまた、この山域に来る時の参考にしたいと思います。
お付き合いいただいた札幌在住のS,Bさん、今回の企画をしていただいたM,Iさん、ずーっと同行いただいたH,Oさん、ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です