松山谷遡行・ニゴリ谷下降(鈴鹿:鎌ヶ岳)

日程:7月21日
山名:鎌ヶ岳 山域:鈴鹿
メンバー:CL/K,T M,I T,H K,T S,S(記)

定例山行の2日目、沢登りパーティは鎌ヶ岳の松山谷~鎌ヶ岳~ニゴリ谷に行ってきました。朝から雨で大降りになったり小降りになったり…おまけに昨夜の宴会でチョット二日酔い気味・・・(;’∀’)天候も体調もモチベーションも最低!!!しかし、K,Tさんの沢デビューと言うこともありリーダーの英断で決行になりました。( ;∀;)

小雨が降る中、松尾川に入渓


松尾川→ニゴリ谷→松山谷に入って左に曲がるとすぐに3段25mの滝が現れます。

ここはホールド・スタンスが豊富なのでノーザイルで直登しました。


滝の上は、しばらくナメが続きます。


10mの滝が2段続くところです。

ここは、カッパを着てやる気満々のT,Hさんがアンザイレンして登りました。


2段目の10m滝はフリーで直登


源頭部が近くなってきました。


詰めの判断が甘かったのか…散々に藪漕ぎをしいられ( ;∀;)おまけにザレ場のナイフリッジが厳しい状況になっていて・・・(;’∀’)ようやく鎌ヶ岳の頂上に着いたときは満面の笑顔になっていました。


西鎌尾根のザレ場ナイフリッジから立上る泥壁(脆いザレ壁)が思った以上に悪くなっていてリードで悪戦苦闘したM,Iさん、あなたは本日のヒーロー?(ヒロイン)!!私ではとてもあそこをリードで登る事が出来ませんでした。(脱帽です。)一般の登山者も一瞬…引いてしまう…泥まみれのそのお姿は(;’∀’)歴戦の勇士さながらです。そんなに小さくならなくても・・・( ´艸`)

帰りは岳峠からニゴリ谷を下りました。


天候、体調、ルートのコンディションが悪い中、事故もなく無事に下山できて何よりでした。皆さんお疲れ様でした。

コメント

  1. 千坂尚子 より:

    はじめまして。
    臨場感あふれる記録で 楽しめました。熱田と聞けば懐かしい。
    また のぞかせて下さい。

  2. 伊藤 より:

    千坂さん、コメントありがとうございます。
    鈴鹿はこの時期ヒルがウジャウジャいますが、やっぱり沢登りは楽しいです。
    これからも「あつた」の応援、宜しくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です