日本百名山を登って 2010/04/13 usagi

深田久弥の「日本百名山」という本を読んだこともなかった私が、どうして百名山完登を目指すようになったのかというと、百名山の7割以上は間違いなく日本を代表する山々であること、百名山に選ばれた山はどこもよく整備され、登山に関する情報も多いので、山の経験が少ない私でも登りやすかったことが、まず理由としてあげられる。
また、2006年6月に「日本百名山地図帳〜山と渓谷社」という本を購入したことも大きな理由のひとつだったと思う。その頃私は、日本百名山にどの山が選定されているか、全部は知らなかった。
一覧になった本を改めて眺めてみて、自分がそれまでに登った山を数えてみたら27山ほどあり、
「けっこう登ったね。あと73山か。みんな登ってみようかなぁ。」などと思ったのが、本当の始まりだったかも知れない。
(でも、それは大きな間違いで、その後私は深く反省することになる。普通は70山くらい登ってから、完登を目指すものらしい・・・ )

 「日本百名山地図帳」を買ってからは、ひとつ山を登るたびに、一覧表に印をつけていくのが楽しみになった。この本には100山全部の地図や登山ルートが載っていて、次に登る山の計画が立てやすく、とても便利で頼りになった。
 そうこうしているうちに、ひとりで出かけて簡単に登れるような山は、すぐに登り尽くしてしまい、残りは行った事もない、遠くの山ばかりになってしまった。
それでも何とか作戦を立て、どんな風に私が百名山を登っていったか、地域別に思い出してみた。 

【北海道9山】
北海道は4回行った(延べ20日間)。難関の大雪山〜トムラウシ山縦走、幌尻岳が登れたのは、会の強力なメンバーを得たところが大きいと思う。また、天候にも恵まれ、どの山もすべて計画通り登ることができた。
  1回目:利尻岳(礼文島)
  2回目:大雪山〜トムラウシ山縦走
  3回目:斜里岳、羅臼岳
  4回目:羊蹄山・幌尻岳・十勝岳・雌阿寒岳
大雪山〜トムラウシ縦走

【東北14山】
東北は毎年家族旅行で行くので、2005年より夫と一緒に少しずつ登って行った。
夫は日帰り登山限定なので、山中泊が必要な飯豊山と朝日岳は会のメンバーと登った。
朝日岳は、夫が登山口まで送迎してくれたのでミニ縦走することができた。
飯豊山

【上信越・日光20山】
百名山にはこの山域の山がやたら多く、愛知県からは遠いし、なじみの薄い山ばかりでとても苦労した。那須岳、雨飾山はいずれも雨敗退で、2回目に成功。
単独で行ったのは四阿山・燧ヶ岳の2山のみ。あとは、多くの人たちの協力の下、やっとで登れた山々だった。一度の山行で1〜2山くらいしか登れず、何度もこの山域まで高速道路で通ったので、運転がずいぶん得意になった。

平ヶ岳

100座目となった雨飾山


皇海山
【北アルプス・中信高原20山】
白馬・五竜岳・鹿島槍ヶ岳・立山は会の合宿。乗鞍岳・美ヶ原・霧ケ峰は夫と。
薬師岳・水晶岳・鷲羽岳・黒部五郎岳・槍ヶ岳・焼岳。御嶽山は単独。
奥穂・常念岳・蓼科山・赤岳は友人と登った。
剱岳と笠ヶ岳は、なぜか何度計画しても流れて出発もできず、2009年秋、やっと登れた時はとてもうれしかった。


乗鞍岳

剱岳

笠ヶ岳

【関東10山】
富士山は1回目冬山に挑戦したが、高山病になって9合目半で敗退。2回目は夏に須走口から登り、ようやく山頂を踏むことができた。
雲取山と両神山を組み合わせて登ったのは作戦ミス。地図上では近く見えるが道がなく、ずいぶん遠回りをした。
天城山、筑波山は家族旅行で夫と登った。
丹沢山は会のメンバーと、冬に登ることができてよかった。


富士山

丹沢山

雲取山

【南アルプス・中央アルプス13山】
南アルプスは、百名山を目指す前に北岳・仙丈岳・甲斐駒ケ岳を登っていたが、なんとなく「遠くて大変そう」という先入観があり、あまり行きたくない山域だった。でも、2009年に白根三山・荒川三山・塩見岳・聖岳と集中して歩いて、ようやくその魅力がわかった気がする。
塩見岳・仙丈岳は単独。木曽駒ケ岳・恵那山は2回ずつ登った。光岳は3回目にして、ようやくピークを踏むことができた。

荒川三山縦走

【近畿・中国・四国8山】
白山・大山・剣山・石鎚山は家族旅行に出かけた時に、大台ケ原はクライミングで訪れた時ついでに、大峰山は会の新人と一緒に登った。
荒島岳は単独。
伊吹山は、山を始める前はドライブウェイで何度も登ったことがあったが、会に入ってからは四季折々、自分の足で何度も登り、その魅力を再認識した。

石鎚山

伊吹山

大山

【九州6山】
九州へは5回行った。
 1回目:開聞岳 まだ本格的に山を始める前、鹿児島を旅行した時に夫と一緒に。 
 2回目:阿蘇山(雪で敗退)
 3回目:宮之浦岳は会のメンバーと縦走。天候に恵まれ、楽しい山行だった。
 4回目:九重山・阿蘇山  
 5回目:祖母山・霧島山 高速道路1000円の恩恵で車で九州まで。会のメンバーも同行。

霧島山縦走
日本百名山を全部登ろうと決心してから足かけ4年。
100座まで、あと残りわずかとなったある日、深田久弥終焉の地、茅ヶ岳を登った。
深田久弥が倒れ、帰らぬ人となった場所には小さな石碑が立ち、花が手向けてあった。そこは、あともう少しで山頂という急な尾根の上。手を合わせ、私も無事に百名山を完登できますようにと祈った。

茅ヶ岳
「百の頂きに 百の喜びあり」

茅ヶ岳の麓、「深田久弥記念公園」に建つ石碑に刻まれた、深田久弥の言葉。
どの山にも、それぞれに魅力があり、登る喜びがある・・・
「日本百名山」については、いろいろ言う人もいるし、実際に登ってみて、「なんでこの山が〜???」と思うようなところも正直あったが、もし百名山に選定されていなければ、おそらく一生行くことのない山に登る機会を、深田久弥が与えてくれたんだと、私は思っている。

茅ヶ岳を登った後、程なくして私は日本百名山すべてを登り終えることができた。
共に30山を登り、私の百名山完登を応援してくれた夫、一緒に登ってくれた友人たち、そして、「百の頂き 百の喜び」を教えてくれた深田久弥に、心から感謝したいと思う。


  わたしの百名山完登データ

最初に登った山 伊吹山 (ずっと昔、ドライブで) 歩いて登ったのは2005年12月25日
最後に登った山 雨飾山 2009年10月18日
あつた労山入会以前に登った山 11山 
(伊吹山、乗鞍岳、白山、開聞岳、恵那山、甲斐駒ヶ岳、槍ヶ岳、瑞牆山、燧ヶ岳、水晶岳、鷲羽岳)
一人で登った山 16山
同行回数ベスト3 水野さん(38回)、夫(30回)、
 矢澤さん(29回)
2000年以前 1山
2001年 1山
2002年 1山
2003年 1山
2004年 10山
2005年 10山
2006年 10山
2007年 14山
2008年 22山
2009年 30山
 いつから百名山完登を目指したか  2006年6月「日本百名山地図帳」購入後
 (その時点で残り73山。今年中に登ると決意した2009年9〜10月は、週2回南アルプスに行くとか、毎週新潟に行くとか・・・楽しいけれど、修行のようだった)
 もう一度登りたい山 飯豊山、南アルプスの山々
 たぶん2度と行かない山 皇海山
 なかなか登れなかった山 剣山(雨敗退3回。4回目にやっと登れた時も雨)
 危なかった山 鳥海山(下山時、ひどい雨に降られ「遭難」の二文字が浮かんだ)
オススメの山ベスト1 大雪山〜トムラウシ山縦走
かかった費用???  
一説によると、百名山完登には300万円くらい必要といわれています。
もし、すべてガイドツアーで行けば500万円以上かかるとも・・・
私の場合、一度もガイドツアーはしませんでした。たいていは、会のメンバーと一緒に登ったり、家族旅行のついでに夫と登ったり、自分で車を運転して単独で登ったりで、かなり安い費用で完登できたと思います。
ちょうど期間限定で高速道路1000円だったのも、本当に助かりました。
それでも、北海道に5回、九州に5回、四国にも4回くらいは行ったので、やっぱりそれなりには使っているでしょうね。



山のアルバムに戻る   トップページへ戻る