■行ってきました

雪山山行 硫黄 ⇒ 横岳 ⇒ 赤岳 縦走 Higetako

2008年1月13・14日で八ヶ岳「赤岳」の縦走に行って来ました。
メンバーは、A,M,K,Kの四人です。
13日は、名古屋発で赤岳鉱泉のテント場まで入山し、明日に備えました。
外気温は予想通り低く、雪は、カチカチに凍り、途中の林道が一番の核心部?の様な感じでした。 f(^^)
鉱泉の脇に常設の人工壁も思ったほど氷は厚くなく、何と無く不安定な感じさえしました。
この日は、明日に備えて「山荘でティータイム、早めの夕食、早めの就寝」・・・ Z Z Z Z Z (^^)


夜は、深々と冷えました、輝く星空は、明日の冷え込みを感じさせます。
朝方、凍ったテントの中で目を覚まし、とりあえず温かい物を口に入れ、縦走に出発です。
凛と張り詰めた凍りつくような空気が眠い肌を刺します。


峰の松目で身支度を整え、いざ、「硫黄」「横岳」「赤岳」の縦走の口火は切られました。
しかし、予想以上に風は弱く、未熟者の我々に採っては、好都合でした。


横岳へのコルからは、安全を考え、ザイルを出しました。
その後もコンテでの移動をする事にしました。
展望荘脇を通過し、山頂までのワンピッチを一気に詰めました。


山頂では、寒さに耐えながら、すれ違った登山者に撮影を頼み、行者小屋、赤岳鉱泉テン場へと下ります。撤収を終えたら、午後3時を廻っていましたから、その後も転がるように美濃戸の駐車場まで下りました。

今回の山行は、天候・メンバーにも恵まれ、雪質も安定しており、風も思ったほどではなく、まだまだ技術不足の我々でさえ無事に縦走出来ましたが、一日前の数パーティーは、風が強くて縦走を断念したとの噂さえ聞きましたから、「我々は余程運が良かった」と思い、これからも技術のレベルアップに心掛けたいと想いました。



山のアルバムに戻る   トップページへ戻る