■行ってきました

黒部奥ノ廊下〜赤木沢 2009.08.11 S.Shimamura

8月11日 折立P→太郎平→薬師峠テント場
8月12日 薬師峠→薬師沢小屋→奥ノ廊下→赤木沢→中俣乗越→北ノ俣岳→薬師峠
8月13日 薬師峠→太郎平→折立P
メンバー:HA.KK.SS

当初は4泊5日で赤木沢〜黒部源流〜高天原を周遊し、下界の暑さから逃れて沢登りと高原の温泉を満喫する予定でしたが、初日から台風9号の影響で雨模様!出鼻をくじかれました。
翌日も小雨がパラつく中、今年の夏は「こんなのばかり」と愚痴をこぼし、メゲズに薬師峠までテントを上げます。しかし、天は普段の行いに味方して?赤木沢を遡行している半日だけは雲一つ無い好天を恵んでくれました。感謝!感謝!の二言です。

早朝4:00に薬師峠をラテルネを点けて出発、湿原の木道を歩き始めた頃、空が白み始めました。
6:30薬師沢小屋の吊り橋手前から奥ノ廊下に入渓すします。まだ日が完全に昇っていないので寒いです。
赤木沢出合手前のゴルジュ(奥ノ廊下)は、水量が多く高巻きします。
赤木沢の出合:右の岩を越えて廻り込むと赤木沢です。
最初の10M滝、右岸の壁を登ります。
いつもよりチョット水量が多いですが、快適に滝の真ん中を登れるナメ滝です。
滝壺を泳いでから左岸に取り付いて登る、若い?二人は、冷たい水も平気です。
老体はひたすらカメラマンに徹しました。
抜けるような青空!滝の飛沫を浴びながら爽快な気分とともに沢登りの楽しさを感じる時です。
赤木沢のフィナーレが近づいてきた頃、雲が湧いてきました。
北ノ俣岳から太郎平への帰路、登山道よこでチングルマを見つけました。道中で見たものは既に花が散り、羽毛状になっていました。
お疲れ様でした。本日は、11時間の行動で3人とも少々お疲れのようです。

今回は、赤木沢のみで終わってしまったのが残念ですが、つかの間の好天に恵まれ沢登りを楽しめたことや事故も無く帰れたことに感謝したいと思います。


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る