■行ってきました

恵那・阿木川本谷/沢登りトレーニング 2011.7.10. Uma

梅雨明け早々夏空の下、沢登りトレーニングに行ってきました。

1. 中央道・恵那ICを降りて岩村を通過、風神神社が今日のスタート地点です。
神社から、阿木川に降ります。しばらくは、明るい川淵を歩きながら、ウオーミングアップ。
2.今日の目的は、トレーニング。
リーダ・Sコーチが、メンバーの行動を観察しています。基本動作の確認・装備服装他、課題設定など、一日の始まりです。
3.第一の関門、登場
リーダが先に釜を泳ぎ滝の横を登攀。ロープを出してもらいます。他のメンバーは、プルージックで安全確保しながら登攀。
沢登りは、所々岩登りの要素も含まれています。
4.阿木川は、初級コースとはいうものの、梅雨明けのせいか、かなりの水量です。
水しぶきに、木々の緑が眩しく感じられます。
Sさんは、身軽にすいすい登っていきます。
コーチもただ見守るだけです。
5.一人々慎重に、滝を登ります。
水の中では、素早く行動ができません。
滝からの水流に巻き込まれる事もあります。その為にもロープでの確保は必須です。
6.ゴルジュ、なめ床・釜・・と、沢登りの地形用語を思い出しながら、遡上していきます。
ルートファインディングも重要。先に行けなくて、引き返し、新たなルートを探すにの、ロスタイムが生じました。
7.沢の出合いは、位置確認の重要ポイント。
自分の現在地を確認します。密かに、次回はこの沢を遡上してみようかと思ってしまいます。
8.今期、はじめての沢登り。時間の経過とともにかなり、慣れてきて危険箇所では、すばやくシュリンゲやロープを出す事ができるようになってきました。それでも、予定コースの半分で切り上げです。
次回は、よりスムーズなコース判断、行動がとれるように、基礎体力の向上と、予行練習を積み重ねていきたいと思いました。
9.今回の参加メンバー、男性4名・女性4名。
わきあいあい、水とたわむれ、はしゃぎまわった一日でした。沢の中におりてこそ、体感できる美しい風景が印象的でした。ヘルメットを装着しての山行も、山岳会ならではのものです。

楽しい「あつた勤労者山岳会」です。
ありがとうございました。


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る