■行ってきました

雲仙普賢岳 2011.12.12 kawakami

日程:2011年11月27日  山域:島原半島

用事で福岡と長崎へ行った折、ついでに長崎に住んでいる義兄と普賢岳に登りました。
義兄は毎週2回は登山を楽しんでいて、九州の山はかなり登っています。
土石流で有名になった平成新山を見たいのもあり、長崎県は雲仙温泉近くの普賢岳に
念願かなって登ることができました。

 
長崎市を出て1時間半で駐車場へ着き、ここからロープウェイに乗ると、写真を撮った妙見岳
近くまで来ることが出来ます。もちろん私たちは歩き、30分程かけてここまで登りました。
初夏の頃は、つつじが綺麗に咲きます。

 
 
ここから少しのアップダウンはありますが、1時間ほどで普賢岳の山頂です。

 
 
バックは平成新山で、あちこち噴煙が上がっていて、「生きている山」が目の前にあると思うと感動しました。

 
下りは、昔茶屋があったという紅葉茶屋で来た道と分かれて、30分程でロープウェイの終点
(妙見岳の近く)へ着き、20分程で駐車場です。途中、春に咲くホトケノザの花が咲いてました。

 
 
雲仙温泉のはずれに国民宿舎があり、ここの日帰り温泉で汗(?)を流しました。
乳白色で、ぬるぬるし、とても温まるいいお湯でした。ここの温泉は、かなりお勧めです。

 
 
国民宿舎を後にして、海岸まで降りると小浜温泉です。
ここの美味しいと評判のケーキ屋に入り、2階のベランダで1階で購入したケーキを堪能しました。
写真は、食べ始めたケーキです。
後から長崎市に戻って他のを食べたけど、ここのケーキはとにかく美味しかった。

今回は尊敬する義兄と一緒に山に登れ、いい温泉に入り、美味しいものを食べ、素晴らしい一日でした。
夜は義姉の家で、庶民は名古屋で味わえない、新鮮な刺身や美味しい皿うどんをたっぷり食べました。



山のアルバムに戻る   トップページへ戻る