■行ってきました

今期初めての雪・御在所山

21日の例会時御在所山の計画に乗せて頂いた。今年は例年に無く暖かく鈴鹿でも雪が見られない。しかし23日の天気予報は福井地方に雨の予報が出ていた。したがって御在所山では雪が期待された。

1. 一の谷駐車場からの御在所山
駐車場についてビックリ山の木々は既に白くなっている。昨日の昼から降っていたようだ。中道を登ることになっている。おそらく岩を乗越す所ではアイゼンを履くことになるだろう。
2. キレットの手前で小休止
オバレ岩から1cmほどの雪が出てきた。ヒュウヒュウと風が鳴っている。キレットに出るとまともに風に曝されるのでこれを避けてその手前で休憩した。
3. キレットの下降
風に注意しながら下降する。階段状になって問題ないが降りきった所が一部凍って滑りやすい。慎重に下る。登っていき鎖がついていて岩を乗越す前にアイゼンを付けた。装着している時大勢のパーティーが追い越していったがノーアイゼンのため苦労している人がいた。アイゼンがあったほうが安心して登れる。
4. 朝陽台にて本日のメンバー全員で記念撮影
5. 朝陽台の樹氷
朝陽台は15cmほどの積雪で真っ白になっていた。木々は雪をつけそれが凍って樹氷になっている。日が当たれば輝いて見えるのだろうが今は雪が降っている。ロープウエーの駅の食堂に入り大休止した。
下山にかかろうとした時MI・RI・KK3人の会員と会って驚いた。ノーアイゼンで三ルンゼを登ってきたというのだ。自分には到底そのような真似は出来ない。
6. 国見峠付近の雪の乗ったササ
積雪は下るにつれて少なくなってくるが峠ではまだササに雪が乗っている。藤内沢の分岐までくると路にはほとんど見られなかった。
概念図(クリックすると拡大画像が出ます)


冷え切った体を片岡温泉で暖め帰路についた。片岡温泉は8月から600円に値下げしたため利用しやすくなった。1月は元日から営業するということなので初日の出山行の帰りにはまた立ち寄りたいと思っている。
偶然が重なり菰野で前の車がMIさんではないかとHTさんが言う。Ta.Yoさんが携帯で連絡すると間違いない。彼らは国見岳へ足を伸ばし希望荘で汗を流したということであった。健脚はトレーニングによるものか?年齢にも関係があるとしておきたい。
2004.12.23 T.Yamada


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る