■行ってきました

穂高連峰 縦走

涸沢カールから北穂南稜を登る。右手には険しい東稜ルートが見える。

ジャーン!北穂高岳山頂から槍ヶ岳を望む。

北穂山頂から前穂のゴジラの背を見る。

常念岳のシルエットが浮かぶ−北穂高岳小屋の夜明け。

滝谷のドームを眺めながら涸沢岳の岩稜登山道をゆく。

涸沢岳飛騨側の核心部。
ほぼ垂直の岩場を慎重に下る(真上から友人が写している)。

奥穂高岳山頂の大ケルン。はるかに槍ヶ岳を望む。

2004年8月 やまんば


山のアルバムに戻る   トップページに戻る