■行ってきました

伊吹山でおいしいカレーを食す 2010.11.15 労働者

メンバー:CL…Kさん、Yさん、労働者の3名
日程: 11/3(水)
天候:晴時々曇
コースタイム: 7:40名古屋駅発−Yさん車で高速で移動−8:35米原IC−9:20登山口−
          11:00三合目−11:30六合目−12:50伊吹山山頂−カレーで昼食。
          14:15山頂出発−15:10六合目−15:30三合目−16:45登山口


Kさんから山頂でカレーを作って食べるという、素晴らしい山行にお誘いいただき、伊吹山へ行ってきました。
前日までの天気予報では、寒波が来るものの雨は降らないということで、安心して担当のジャガイモの下ごしらえをして眠ったら、翌朝、集合時間に起きるという大失敗をしてしまいました。

あわててKさんに連絡し、自分はドライブウェイで山頂にて合流させてもらおうとしたら、名駅で待ってるから来てねという優しいお言葉。急いで駅に向かって某山岳会のYさんが運転する車で伊吹山へ。
私のせいで予定より二時間も遅れてスタートしました。

Yさんに先頭でペースメーカーとなってもらい、おしゃべりしながら歩いていると、雨が降ってきました。
東にある山の上に、こんもりとした厚い雲が見えて、あちらでも明らかに雨が降っている模様。
でも琵琶湖の方は青空がのぞいている不思議な空模様でした。
カッパを着てぐちょぐちょに足場の悪い登山道を転ばないよう気をつけて歩きました。新しい靴のためし履きをしていたので、汚したくなかったのです。

三合目で一休みしてトイレを借りると、ペーパー備え付けで綺麗だったので感動しました。
そこから少し先の六合目避難小屋も、十人は余裕で入れる綺麗な造りで、ここでお茶会でもしたいねという話になったくらいでした。
このように設備がいいからか、道中ではかわいい格好の山ガールズをたくさん見かけました。
色とりどりのウェアがちょこちょこと山の斜面を動いているのを見るのは、楽しいものでした。


青空と雨雲が一緒の不思議な空

三合目より上は背の高い木が無くなり、冷たい風が吹きつけて止まっていると寒くて鼻水が出てきます。
ふと気がつくと、雨粒が白くなっていました。今年の初雪でした。
十一月に雪を見るなんて初めてだったので、興奮して嬉しくなってしまいました。
Kさんも雪が好きみたいで、嬉しそうでした。

山頂も寒くて、カレーを作り出す前に防寒着を着こみました。
Kさんがてきぱきとバーナーの準備をしてくれて、コッヘルに野菜を投入し、ルウを入れて少し煮込んだところで火から下ろし、ザックからおもむろに小さな中華鍋を取り出しました。
そんなものが入っているとは予想だにしていなかったので、とてもびっくりしました。
それでウインナーを色よく炒め、カレー鍋に加えたら完成です。
炒めたウインナーが風味良く、凍えた体にカレーの滋味がしみ込んでいくようで、本当においしくいただきました。

たっぷり作ったはずなのに、三人であっという間に平らげてしまいました。
Yさんが別のバーナーで湯を沸かして、甘い抹茶オレをごちそうしてくれました。
山上でこんな優雅なランチができるなんて素敵だなあと、幸せな気分でいっぱいになりました。


おいしいカレーを作ってくれたKさん

食べた後はおみやげ屋をのぞいて、早々に下山。
三合目で計画書のコースタイムに追いつき、無事に下りて温泉に入ることができました。

寝坊して大遅刻した私を咎めるようなことは一切言わず、気遣いながら一緒に登ってくれたKさん、Yさん、本当にありがとうございました!春になったら、お茶会山行ご一緒できるのを楽しみにしています


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る