■行ってきました

「貝月山」山スキー S.S

目的:山スキー歩行トレーニング
山名:貝月山(揖斐高原)
メンバー:S.S H.A K.K
コースタイム:2/28(日)名古屋(6:10) ⇒ 揖斐高原(日坂)スキー場(7:40〜8:30) → ふれあいの森(10:00)
→ 日越峠(10:50) → 貝月山(12:00〜12:30) → 日越峠(12:50) → ふれあいの森(13:10)
→ 揖斐高原(日坂)スキー場(13:40〜14:00) ⇒ 名古屋(15:40)

朝、出かける時は結構激しい雨でスキー場に着いても雨が止まない。駐車場で少し小降りになるのを小1時間程待って8:30に出掛ける事にした。歩き始めて1時間もすると嘘のような晴天になり、やはり日頃の行いを天はよく見ていると一人合点する。少し、遅いがこれが今季最初の山スキー初め!すばらしい幕開けである!?

雨が小降りになるのを小1時間程待って入山、
林道を歩き始めた頃には雨も止んだ。
ふれあいの森にさしかかったとき、空を見上げると
快晴になっていた。
絶好の山スキー日和で気分も爽快!?
ふれあいの森の中をショートカットし、林道に出会う。
ここから日越峠まで再び林道を辿る。
日越峠から貝月山西尾根への急登、昨年来た時は雪が少なくブッシュが出ていたのでツボ足で登ったが今年は何とかスキーで登れた。
日差しが暖かく春山のようです。
山頂手前の急登、あと少しです。
山頂からの眺めはすばらしく、360°のパノラマが楽しめました。
山頂からの眺めはすばらしく、360°のパノラマが楽しめました。
山頂からスキーで一気に下る。雪が悪く足を取られるので日越峠への急斜面は慎重に下り、スキー場には1時間余りで着きました。下りが早いのが山スキーの魅力の一つです。

私は、今シーズン初めての山スキー、手頃なウォーニングアップになりました。
出かける時とは、大違いで春の日差し一杯の日中(PM4:00頃)に帰名し、本当にスッキリとした山行でした。参加メンバーの皆さん、お疲れ様でした。


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る