■行ってきました

金峰山 その1 
10/8〜10、長野県川上村にある廻り目平キャンプ場をベースに、甲武信ケ岳登山に出かけた。
先週の立山に引き続き、週末の天気はどうも雨マーク。でも、ちょこっと回復傾向の期待も・・・
とりあえず、一番の目的はみんなで秋の休日を楽しく過ごすこと。
という訳で、お天気の不安を抱えながらも、元気に名古屋を後にした。

1. 廻り目平キャンプ場
1号車はM、M、M&Hの4人、2号車はS、Sの2人、8時に恵那峡SAで待ち合わせ、中央道で小淵沢ICまで。
清里ロードを走り、きれいな高原野菜畑を眺めながら、川上村にある廻り目平キャンプ場を目指す。
途中、地元のスーパー・ナナーズで今夜の食材と飲み物を調達し、昼前にキャンプ場に到着した。
早々にテントを設営し、昼食を済ませてから、キャンプ場内のパノラマ遊歩道に散歩に行った。
道は整備されていて歩きやすい。
2. 展望台
遊歩道の途中、廻り目平のビューポイントの展望台で記念撮影。
不思議な形をした岩々に囲まれた廻り目平は、フリークライミングのメッカ的存在。
わたしたちも、日曜日にはしっかりクライミングの予定。
3. 紅葉
廻り目平キャンプ場は標高1600m近い高地。
白樺林と、始まったばかりの紅葉のきれいなこと。
4. ボルダリング
わたしたちのテント場のすぐ脇に、高さ2mほどの小さな岩があった。お散歩から帰ってから、みんなでボルダリングをして遊んだ。
まずは一番元気なASさん。
5. FMさん
身の軽い彼女は、なんなく成功。
6. SHさん
果敢に挑戦したSHさんも、見事成功。
7. かっこいいでしょ?
岩の上で記念撮影。
8. 海鮮キムチ鍋
今夜のメニューは海鮮キムチ鍋。
おいしいね〜♪と食べていたら、突然降ってきた雨に大慌てでテントの中に撤退。
この日はタープがなかったんだよね。(>_<)
ほぼ食べ終わっていたので、ささっと片付け、翌日予定している甲武信ケ岳登山のため、早めに就寝。
9. 雨だ・・・
夜中降り続いた雨は、朝になっても止む気配がない。相談の末、歩行時間の短い金峰山に計画を変更。
金峰山なら、7時出発ねということで時間があったので、甲武信ケ岳の登山口まで偵察に行くことにした。
登山口となる毛木平駐車場は、廻り目平キャンプ場から車で30分ほどのところ。
道も駐車場直前まで舗装されていて、ほんの少し林道を走ったら、りっぱな駐車場についた。
10. 毛木平駐車場
さすが100名山というだけあって、気合の入り方が違うのだろうか。舗装された40台収容の駐車場。快適なトイレに、広い休憩所まで。
11. 休憩所
何度も地図で確認した登山道が、きれいな高低表になって設置してあった。
う〜んなるほど。これを見るとわかりやすいねなどと、指差し確認。
12. いってらっしゃい・・・
千曲川源流方面から甲武信ケ岳に向かうパーティー。
悪天候にもかかわらず、ずいぶん多くの人たちが入って行ったようだ。雨さえ降らなかったら、わたしたちも行きたかったね〜。
13. 金峰山に向かう
急いでキャンプ場に引き返して、ささっと準備。
7時に金峰山に向け出発する。
キャンプ場のずっと奥まで続く、沢沿いの林道を歩いて行く。
14. 岩場
道の途中に、大きな岩があった。
ハンガーが打たれ、終了点もきちんと設置されている。
雨ではしょうがないけど、ちょこっとだけ登る気分。
15. 分岐点
1時間ちょっと林道を歩いたところで分岐点。
八丁平は小川山、ミズガキ山方面への道。
ここから2時間ほど登ると金峰山。
このあたりから、ようやく登山道らしくなった。

金峰山 その2へ
2005.10.12 文と写真:N.Matsuoka


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る