■行ってきました

北岳 第4バットレスに挑む 2010/09/04-05 S.Maji

山域: 南アルプス    山名:北岳 
目的: 研修山行(県連登山学校)
山行期間:2010年9月4-5日(土・日)   天候: 晴れ
メンバー:CL-T.M・Y.K・M.S・M.K・S.M 他山岳会員  総勢20名

南アルプス・北岳 第4バットレスに挑む機会に恵まれました。
金曜日の仕事を終えて、中央道・諏訪SAに23時集合。
芦安の駐車場にテントを張り、仮眠。4時起床。
まだ、天頂には、オリオン座が輝いてます。
パーティ分けは、各3名。7パーティの編成です。
私は、コーチと研修生、ミドル年代でまとまります。
20名の大パーティ山行は、ちょっとした迫力です。
個々の登山者にも気を配りながら、登山開始。
5時前に、ジャンボタクシー2台に分乗して広河原へ。林道ゲートが開くまで暫く待機です。(5時30分)
まわりの山並みが姿を表すと同時にスタート。
隣の席のコーチから、「緊張してる?」と聞かれ、素直に「はいっ」と答えてしまいました。朝日に照らされる北岳が眩しく目に飛び込んできます。
広河原(6時)の吊り橋を渡り、大樺沢を登ります。歩き始めて、小1時間。少し遅れる人が発生。
荷物を分担して、パーティのペースを維持します。
私は、ハイドレーションを装備したおかげで、わずかな立ち休憩時にも水分補給が可能となり、なんとか二俣(7時40分)まで歩き通す事ができました。
標準コースタイムより速いペースです。
9月に入っても、残暑は厳しく、日差しは強く感じます。

暫く休んだ後、いよいよバットレス沢に進みます。
ヘルメットをかぶり、落石、足下に注意をしてバットレス下部岸壁、取り付き・bガリーの大滝に到着。
先行パーティが、思いっきり落石を生じさせていきます。
思わず緊張します。
今回の登攀、「核心部は、ここっ!石を落とさないように。ロープのこすれでも発生するから、要注意!」
落石に注意して行動すること。先行とは、少しコースをずらして登攀開始。
御在所・前尾根のP7を思い出しながら、1ピッチを登る。
今までのトレーニングの成果が、発揮できる。
無難に高さ約80M、2ピッチをクリア。谷にメンバーのコールがこだまして、心地良い風が吹き抜けていきます。
素早く、ロープをまとめ緩傾斜帯を歩く。第4尾根主稜に取り付き、まわりの景色を楽しむ。富士山・鳳凰三山も自分の目の高さに見える。下を見れば、今歩いてきた大樺沢が一望。パーティが渋滞してきて、無線機で連絡を取り合い登攀ペースをコントロールしながら登ります。
ピッチを重ね、四尾根のシンボルにさしかかる。さすがに、高度感たっぷり。

怖い。実は、隠れ高所恐怖症。普段は、確保されているのを信頼して岩に立つ事ができます。
ヘッピリ腰、すぐしゃがみ込む事を直さないと・・指摘されています。

幸運にもガスがかかってきて、まわりの風景を遮断。岩に集中できました。
すぐ後ろからは、Mコーチが激を飛ばしてくれます。
マッチ箱からbガリーへ15m程の懸垂下降。噂どうり、数多くのシュリンゲが残置されてました。
下降ロープとは別に、メインロープでバックアップを取ってもらいました。
6ピッチ7ピッチとマッチ箱の岩を背景に登る。アルパインクライミングを堪能しています。


枯れ木テラスを経て、ハイマツ帯テラスで終了。先行パーティの方から熱いコーヒーをいただく。
皆でまわし飲み、登攀を喜び合いました。
そして、たばこに火をつけ、あつたの前会長を忍び、黙祷。
今年は、あつたの多くの人と登れた事に感謝します。

夕暮れ間際になり、急いで北岳山頂を踏み、肩の小屋に到着。Kコーチのワインの差し入れで、乾杯。
翌朝、5時過ぎ起床。雲海からの日の出。
アルプスのパノラマを楽しむ。木曽駒・御岳・乗鞍・槍・八ヶ岳、目の前には、仙丈ヶ岳に甲斐駒。
登山の醍醐味。1年足らずの経験で、よくここまで登れたものだと・・

感慨深い思いです。
引っぱり上げてくれた、コーチ陣・スタッフの方々、お互い励ましながら受講したみなさんにも感謝してます。

下山して、広河原から北岳を振り返れば、すでに雲に隠されていました。
「いつかは、自分でリードして北岳の頂きに立とうと・・」
密かに思いながらアルパインクライミングのスタートとなりました。
みなさんありがとうございました。今後もご指導をお願いします。

9/3 名古屋20:30 - 中央道・諏訪湖SA11:30 - 芦安P(仮眠)1:00
9/4 芦安5:00 - 広河原6:00 - 二俣8:30 - 取り付きbガリー10:10
   第4尾根 - P8終了点16:00 - 北岳山頂17:55 - 肩の小屋18:20
9/5 肩の小屋6:30 - 二俣7:30 - 広河原9:00/10:00 - 芦安11:00- 中央道経由 - 名古屋16:00


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る