■行ってきました

2007年夏合宿 雲の平〜三俣蓮華岳〜黒部五郎岳 M

今年の夏合宿は、神岡新道を登り、太郎平、雲の平、高天原、三俣蓮華岳、黒部五郎岳、北ノ俣岳と巡り、神岡新道に戻る周回コースを計画しました。日程は8月11日前夜発〜15日の3泊4日です。4日間で合計約37時間歩きました。平地が猛暑でうだってましたが、4日間とも晴天続きで山の上もうだってました。なかなか行くことができない北アルプスの奥部に足を踏み入れることができました。

登山口の飛越トンネルです。このトンネルの先は有峰湖です。私たちが到着したとき20台ほどの車が停まっていました。
北ノ俣岳と薬師を結ぶ稜線にやっとたどり着きました。北アルプスの大展望が開けました。バックは薬師岳です。く。
薬師沢小屋の前から見た黒部川の源流です。
今回歩いたコースのテント場、小屋ともに水は豊富で暑さの中で口にすると力がよみがえりました。
雲の平を炎天下の中歩きます。黒部の源流付近にこんなに平らなところがあるとは不思議です。奥に見えるのは水晶岳(黒岳)です。
高天原小屋です。冬の雪の重みが推し量れる屋根のゆがみです。遅れてきた人は小屋の中で泊まれないくらいの大混雑でした。
ここに泊まる人のほとんどの目当てはここから20分ほど歩いたところにある温泉です。入浴するために二日かかる野趣あふれる秘湯です。
高天原から三俣蓮華岳へ向かう途中で見た薬師岳です。ドーンと大きな山容です。
同じく高天原と三俣蓮華岳へ向かう途中の岩苔乗越から見た水晶岳(黒岳)です。なだらかな山頂が多いこの山域では珍しくゴツゴツとした岩場の山頂です。
三俣山荘から見た槍ヶ岳。左へ伸びているのは北鎌尾根です。
黒部五郎岳の山頂です。
薬師、立山、剣、後立山連峰、赤牛、水晶、槍、穂高、笠、御岳、ついでに白山と、この山頂から見える可能性のある山はすべて眺められたと言う感じです。


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る