■行ってきました

愛知の130山 No.82 明神山 2009.12.13  T.Yamada

忘年会山行の企画がN.M.さんから出されたが行けそうもなく残念に思っていた。例会時計画しているのを横目で見ているだけであった。帰宅後日程の調整がついたのでNMさんに電話して急遽加えて頂いた。12月12日は鳳来寺山麓で忘年会を行い13日に乳岩峡から明神山をピストンするものである。

1. 旧門谷小学校
金山駅南口に集合し名古屋高速・湾岸・東名IC経由で鳳来寺の旧門谷小学校に着いた。昨年まで東海市が山の家として利用していたところである。現在は地元の方々が保存のために整備してみえる。門には今でも門谷小学校と石に彫った標札が嵌め込まれている。校舎は木造で尋常小学校での集団疎開や国民学校の遠い過去を思い出させるものであった。
2. 鳳来町の案内図
廊下は戦時中の大地震を思い出させた。S.19年12月7日の昼教室から逃げ出すとき廊下が跳ね上がり先生に放り出された記憶がある。運動場には対角線に人が落ち込むようなひび割れができた。このような木造の建物が保存されているのだ。廊下の窓側には町の大きな案内図が掛けてあった。教室には畳が敷かれ押入れが作られ寝具が用意されていた。
3. 百名山完登の二人
食事は全校生徒がそろって給食を食べた給食室だ。隣には立派な炊事場が付いている。料理は地元「真剣会」の方から提供していただいた最高の獅子の肉をMYさん中心にメンバーが料理し鍋にしたものである。各自が持ち寄った酒は飲みきれないほどある。NMさんが百名山を完登したのでそのお祝いも行われた。「NMさんおめでとうございます」「あつた」ではSMさんに次いで2人になった。続きはだれか?MYさんかFMさんかはたまたKSさんか?何人かが挑んでいるようだ。
4. 山の歌
地元の山を守ってみえる「真剣会」のメンバー7人が参加された。今は間伐の時期で今日もその仕事をされた後である。「あつた」の前会長TKさんもここの一員であり大変な盛り上がりであった。最後にTKさんを中心にみんなで「山の歌」を歌って宴会は終了した。
5. 乳岩峡
明けて13日天候は曇り無風気温はこの時期としてはやや高目で快適な登山日和になった。当日参加の2名が加わり3パーティーに分かれ乳岩峡から明神山を目指す。
6. 鬼岩
鉄橋で左岸に渡り右岸に渡り返すと観音さまが祭ってある。その先に乳岩への分岐がありそこから右岸山腹の路を登る。岩の間を道が抜けているところもある。左に岩小屋を見て沢を左岸に渡ると道はなだらかとなり鬼岩に着いた。オーバーハングした岩がありボルトにカラビナが付いている。岩と岩の間から奥でクライミングしているのが見える。NMさんもここの仲間のようだ。右岸山腹の登山道に被さっている岩でも天井をクモが這うようにクライミングをしていた。
7. 鎖場
左に巻き登っていくと是より胸突き八丁の標識があり登りが続く。岩を過ぎると尾根に登ったようだ。胸突き八丁の頭と書かれていた。今まで汗だくになって登ってきたが風が当たり冷やりとする。進み六合目三瀬への分岐に出た。少し行くと岩を登るのだがここには鎖が下がっていた。ホールドはしっかりしているので心配はない。鎖場はもう一か所ある。
8. 鉄梯子
上から下りてくる人を待った。降り口が嫌な感じのようだ。鉄梯子が揺れている。おまけに桟が細いので慎重にならざるを得ない。登るとやはり出口の手すりが無いのと岩が前傾していて滑る感じになるからだ。
9. 馬の背
鉄梯子を登った所から両側が切れ落ちたように狭くなっている馬の背だがすれ違いができるだけの幅があるので怖さは感じない。
10. 山頂にて朝陽台東端(富士見岩?)
さらに登りがあり皆からやや遅れてえ山頂に着いた。展望台に上がり三河の山々を見ていると「こんなに楽しい愛知の130山」をやった時のことを思い出した。大休止していても風が収まっているので寒くない。作ってくれたおにぎりを頂いた。本日のメンバー全員で記念撮影。(TY)は撮影
11. Aパーティーのメンバー
下山しているときSMさんが左斜面にアカヤシオが咲いているようだと言う。葉のない樹にピンクの花が2つといくつかの蕾を付けている。アカヤシオの開花時期は4月の終わりごろから5月の初めごろのはずだ。季節はずれのアカヤシオにしておこう。馬の背でTWさんが写してあげると言ってくれた。SHさんとHKさんは降りかけていたが戻ってもらい5人で記念撮影をお願いした。
12. 鳳来湖を望む
馬の背から南西には宇連ダムで出来た鳳来湖の一部が見えている。こちらに向かっているのは栃木沢のようだ。一度沢登りに来たことがあるが残念ながら良い記憶はない。登った道を木の根に注意しながらどんどん下る。下りは速いがウンザリするほど長い。

概念図はこちら
汗を流すのにどこが良いか。昨日TKさんとRKさんとTYの3人は赤引温泉に行ったので今日は梅乃湯にしようということになった。昨日同様貸切の状態であった。ここで忘年会山行は無事終了した。KMさんに家まで送って頂いて感謝している。


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る