■行ってきました

行ってきました!根子岳(2207m)スノーシュー 2009/2/17(火)〜18(水) やまんば

この冬初めてスノーシューを使う山行に行ってきました。松本在住のFガイドの企画に関西の山友達2人を誘って参加。他には、若い女性が1名だけで、プライベートガイド山行のようでした。

一日目は、菅平のペンションに入った後、周辺の牧場でスノーシュー足慣らし。この冬の少雪は、この辺りも例外ではなく例年の三分の一程度の積雪量だそうです。二日目は、奥ダボススキー場のリフトを使って高度を稼ぎ(このゲレンデは緩やかな斜面で、さほどの高度差はなかった)、リフト終点からスノーシューで歩き始める。山頂までの標高差は約600m。すばらしい晴天に恵まれて、終始展望を楽しみながら緩やかな斜面を登っていく。北アルプス、中央アルプスが遠くに見えている。無雪期に登ったことがあるが、元々牧場なので樹木が少なく見通しの悪い時には迷いやすいのかもしれない。このお正月に、県連他会で道迷い事故があったが、山スキー用に標識は立っていた。雪は、カリカリの所やふかふかの所が交互に出てくる。 スノーシューは、この日は軽アイゼン代わりのようだった。3時間弱で山頂着、360°の大展望がほしいままである。 目の前には四阿山、その向こうには浅間山。スキーやスノーシューの登山者が続々と登ってくる。冬には人気のエリアなのだ。下りは、牧場へ降りる予定だったが、あまりに雪が少ないとのことで、往路を下った。下りのリフトには乗せてもらえないので最後はスキー場の端っこを歩いた。

樹氷が青空を背景に綺麗!
根子岳山頂にて、参加者全員。関西の友人の一人は、私よりも11歳年長ですが、日帰り装備ならば何の問題もなくスタスタと足取りが軽い。いつも敬服するばかり・・人生のお手本のような人です。覆面をして強盗のようなのが私です。
山頂から間近に見る四阿山
四阿山の稜線越しに見えている浅間山。このところ小噴火を繰り返していて、噴煙が凄い。
根子岳山頂から北、志賀高原方面を望む。
下山途中に根子岳全容を振り返る。雪が少なく、牧草が出ているところもあった。


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る