■行ってきました

久し振りの鈴鹿山行でした・・・・・「入道・鎌が岳」

日 時 2005年11月12日
場 所 鈴鹿山系 入道(906m)・鎌が岳(1181m)
メンバー J/H  S/N  M/N  H/T  H/A  K/K

前回の銚子谷に続き、今回は行った事の無かった「入道」へ行ける!
早速、参加させて貰いました。
東名阪「御在所SA」で待ち合わせ、鈴鹿ICより、宮妻峡ヒュッテ手前のパーキングに車を止め、出発しました。
先行の車も若干は入っていましたが、大好きな静かな山歩きが出来そうです。
空気は冷えて張り詰めてはいましたが、天候も良く、汗をかかずに歩けそうでした。
始めは、行き成りの上りが続き、ペースを上げずに進みます。
KKさんは、睡眠不足でちょっぴり辛そうですが、マイペースで歩いて付いて来ました。(その後ペースも安定し安心しましたが)


歩き始めて、間も無く「紅葉のトンネル」が出てきました。
紅葉は少なかったですが黄葉が当たり一面を覆い、踏みしめる落ち葉も心地よい音を立てて、良い雰囲気です (^^)


この辺りになると稜線を吹き抜ける風は、ゴウゴウと音を立て耐風姿勢をする場面も出てきます。
分岐から「入道が岳」の山頂をピストンしました。
ここも風が強く「写真を撮っただけ」でもどりましたが・・・

ちょっと「記念撮影」を済ませ、神社の脇を通り抜け、「水沢岳(1029m)」を通過する稜線を、吹き付ける風に耐えつつ歩を進めます。
今回は、全員、鎌が岳は踏破していたため、山頂はパスして下山しました。
稜線は、背丈ほどに成長した笹の間を黄葉に目を奪われながら進みます。
歩を休めると風は冷たく、歩いていると爽やかな日でした。




笹の頭辺りから見た、水沢岳から鎌が岳への稜線を望む・・・

今日の山行も終わりました。
天候に恵まれ、稜線の風こそ強かったが、充分秋の鈴鹿を満喫出来ました。
皆さん〜お疲れ様でした m( _ _ )m
記:higetako



山のアルバムに戻る   トップページへ戻る