■行ってきました

霊仙山:積雪量の観測 2009.2.15  T.Yamada

県連ササ枯れ調査委員会として積雪量の観測を今年から藤原岳に加え霊仙山でも実施することになった。ポール設置は1月4日に行われたが「あつた」からは参加することが出来なかった。調査委員会で設置地点を聞き2月15日観測することにした。この時期山頂一帯は真っ白のはずであるがこの暖かさのためワカンは携帯せずアイゼンを持参した。ところが予想に反し雪は無くポールは倒れ雪が降ったら見えなくなるのではないかと思われた。快晴無風で360°の展望を満喫し西南尾根では咲き始めた金色に輝くフクジュソウを見ることができ楽しい山行となった。

1. 見晴らし台(五合目)
メンバー5人は槫ヶ畑登山口に2台の車で集合した。ここまで雪はないし気温が非常に高いが用意した冬装備でスタートする。汗拭き峠を越え暑いので体温調整をして五合目に着いた。琵琶湖越しに比良の山々も見えているもののこれから登る霊仙山の山頂部はガスがかかっている。この時は竹ポールが役に立つように思えた。
2. お虎ヶ池
落葉を踏む気持ちの良い登りのはずが登山道は雪解けでドロドロのぬかるみ状になり滑りそうで歩きにくい。冬道の分岐からどちらを行くか。雪が全くないので夏道をとる。広々とした枯れザサの中の登山道を行く。このあたりからは吹雪かれると方向を見失いやすい。今はガスもない快晴になったが折角赤布を付けた竹ポールを持ってきたので立てる位置の練習のために立てて進む。
3. 経塚山への登り
経塚山への登山道にも雪はない。見ると左斜面には上まで雪面が続いている。固雪で嵌ることはなさそうだ。アイゼンを必要とする傾斜でもない。雪山装備で来たので雪の上を歩こう。
4. 積雪量観測ポール
ポールは経塚山と霊仙山の鞍部に立てたと聞いていた。鞍部に下って行くと左手膝ほどの枯れザサの中に標識らしきものがある。近付くと積雪観測ポールが倒れていた。三角の支柱がされているが風に吹かれて倒れたのであろう。固定が必要だが取敢えず起こすだけにしておいた。積雪は0である。
5. 経塚山を振り返る
最高点が見えている。観測ポールの位置から登山道を外しなだらかな枯れザサの尾根を一直線に登れば最高点だ。途中振り返ると経塚山の手前丸く雪で白くなったドリーネらしきところの左登山道との間にポールが見えた。
6. 最高点にて本日のメンバー
最高点には先客が2人いた。シャッターをお願いした。後から自転車を担いだ登山者が来た。山の中では自転車に乗らないということであった。この登山者は毎年自転車を担いで早月尾根を登っているようだ。先客登山者は早月小屋で手伝いをしているようでこの2人の話は弾んでいた。南西尾根から1人上がってきた。フクジュソウが咲いていると言っている。2月のフクジュソウを見てみたくなった。
7. 最高点から西南尾根を見る
快晴無風ポカポカ陽気で360°の展望だ。往路の泥道をとるより西南尾根を下る方が楽しめるのではないかと提案する。4人は初めてだ。リーダーのHK君が運営委員長と山行部長にメールで了承を得てOKということになった。
8. 南霊岳へ
殆んど雪の無い西南尾根もところどころ雪の上を歩く。ズボンと落ち込む所もあるがこの辺りではまだルンルン気分だ。
9. フクジュソウの花
南霊岳から近江展望台までの尾根上はカレンフェルトの岩稜に灌木が茂り歩きにくい。その上少し雪が残り嵌り込む。尾根を外した左には踏み跡が付いている。HSさんが何か咲いていると言う。咲きかけのフクジュソウだ。少し行くと金色に輝くフクジュソウがまばらではあるが数本ずつ群がっている。
10. 石灰岩でガラガラの東斜面
フクジュソウが一面とは言えないがこのように鮮やかな花は初めてだと皆よろこんでいる。のんびりし過ぎリーダーのHK君は明るいうちに槫ヶ畑の登山口に戻れるか時間が心配になってきたようだ。
11. 急斜面を下って
尾根に上がり灌木を縫って岩の上を行くが困難だ。元に戻ると踏み跡に出会う。この繰り返しで近江展望台に上がる。ここは素通りしてどんどん下る。急斜面はジグザグに踏み跡があるので登りほど急には感じない。槫ヶ畑道より登山者が少ないせいかぬかるみにはなっていないので下り易い。小休止。
12. 汗拭き峠に戻って
直線的に笹峠から少しの登るとよい登山道に出る。笹峠はササが無くなり標識もなくここが笹峠かと間違うほどだ。今畑集落から林道に出て落合集落を抜け大洞谷沿いを緩やかに登る。この辺りは今日登山道の整備がされたようであった。最後は急な登りを少しで汗拭き峠である。疲れによるものか笹峠・今畑・落合・汗拭き峠の下りと登り返しには思っていたより時間を要した。明るいうちに槫ヶ畑の登山口に下山できリーダーもホットしたことだろう。

概念図はこちら

目的の積雪量の観測は予想に反し0であった。観測ポールが風で倒れないように固定する必要がある。それ以前に設置位置がここが適切か検討した方が良いと思われる。三角点と最高点の分岐でササ枯れ調査を行っていることからこの地点が良いと思うがどうであろうか。
伊吹薬草の湯で疲れを癒し反省会を行い帰路についた。


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る