■行ってきました クリックすると拡大写真が出ます

合宿トレーニング 宝剣岳・三の沢岳

後方は宝剣岳
宝剣岳の岩稜帯歩行は、登山者が混み合い、登・下降の交差で渋滞することが多かった。これも剣の練習だよと誰かが言った。
下りでは、鎖や岩からグッと胸を離すと、下の足場がたいへん良く見えることを発見し、楽になった。全員が順調にトラバースを終える。
宝剣南稜から時々姿を見せる三の沢岳へのルートは高低差も大きく、厳しい様子をしていた。事実、急な岩稜帯やガレ場も多く歩行距離も長く、乗越経由で宝剣の岩場を歩いた後でもあり、結構きつかった。合宿へのいいトレーニングになった。
三の沢岳山頂では周囲の山に雲がかかり、ビッグな眺望は別の機会へのお預けになった。
高山植物はコバイケソウ、アオツノザクラ、ツマトリソウなど真っ盛りで、チングルマはやや盛りを過ぎていた。先頭のHさんは野鳥と相性がいいのか、上手に鳥の姿を追っていた。

2004.7.18〜19 森の散歩人


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る