■行ってきました

行ってきました!
小谷温泉 鎌池 & 白馬村 遠見尾根(小遠見山)
2008/3/31〜4/2 やまんば

ガイド山行で、今シーズン最後の雪上歩行を楽しんできました。
前日夜に白馬村に前泊して、4月1日から入山。桜満開の東海地方とは打って変わって、終日雪の天候。前夜からの新雪が40cmはあり、やはり小谷村は豪雪地帯です。

林道除雪最終地点・・小谷温泉山田旅館先・・からブナの森に入り、スノーシューで鎌池まで往復しました。大渚山がかすかに見えていました。何処を歩いても、ラッセル歩行でした。
ブナの森は、まだまだ冬景色。 日本は狭いようで広いですね。この日は、山田旅館泊。ほんまもんの温泉でひなびた宿でした。ウイークデーでも、何組かの宿泊客がありました。さすが〈秘湯を守る会〉加盟旅館です。私も、もちろんスタンプを1個GETしました。
明けて2日は、晴天無風の絶好のコンディション。白馬村へ移動して、五竜遠見スキー場のゴンドラとリフトを乗り継いで一気に高度を上げ、はじめはスノーシューで、ほどなくアイゼン&ピッケルに替えて急な尾根を登ります。左側には巨大な雪庇が形成されています。右側は急峻な谷です。急な斜面を一歩一歩慎重に歩いて、小遠見山山頂に到着!目の前に、鹿島槍ヶ岳の北峰が聳えています。折から、陽が当たって美しく輝くばかりの雪の山襞は感動的でした。かくね里も見えています。
山頂から少し下った平坦なところからは、五竜岳の武田菱(雪形)が正面に見えています。なんとも美しい山々!かつて歩いた(もちろん夏にね)峰々を間近に眺められて大満足の日でした。

でも、雪の時期は安易に写真を撮りに踏み込める山域ではありません。今回は、新雪が積もっていて足がもぐるので滑ることなく下山できましたが、凍っていたら滑落の恐怖で私には歩けないところです。ガイドさんは慎重で、ザイルで確保してもらいながら下山しました。
* 写真は、すべてS本ガイドさんの撮影です。私のデジカメとは大違いなので使わせてもらいました。


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る