■行ってきました

仙人池〜阿曽原〜欅平 やまんば

2007/10/2〜10/5 3泊4日
高年者ばかり5人で小屋泊で、仙人池〜阿曽原〜欅平を縦走してきました。

1日目
朝5時に南区のH尾宅を出発、一路立山駅へ。ケーブルカーとバスで室堂着。ガスと雨のなか、あえぎながら雷鳥坂を登り剱沢小屋まで。途中ではお腹の羽毛が白くなった雷鳥にも会えました。日暮れ後からくっきりと剱が姿を見せて明日の好天が期待されました。小屋には、映画「点の記」の撮影隊が滞在中で、俳優の香川照之さんや仲村トオルさんも食堂で見かけました。公開が楽しみです。

2日目
剱沢の雪渓を下ります。 天気が良くて見通しが利き、小屋でも詳細なコース説明を受けたので不安はありません。手書きの略図も貰いました。6本爪アイゼンを着けています。
スノーブリッジがぱっくり口を開けている横を通ります。
仙人新道の登りからは、剱岳北方稜線や三の窓の急な雪渓が間近に見えています。八ッ峰や、小窓の王にはすこしガスがかかっています。
3日目
仙人池に映る八ッ峰の岩峰群。朝日が当たる直前です。紅葉は遅れています。
仙人池〜阿曽原は、足場の悪い仙人谷を下り、仙人温泉から先は、雲切新道を辿ります。従来の谷ルートは廃道になっています。尾根を切り拓いた道なので、後立山連峰の展望がいいです。ただ、まだ、十分踏まれていないため雨上がりでズルズル滑りやすく、梯子、ロープ、鎖がいたる所に設置されている急降下のコースで気が抜けません。
4日目
阿曽原〜欅平への水平歩道、大太鼓付近。 このあたりは、高度感満点。天気が悪く手ぶれもしたのか、ピンボケになってしまいました。
岩盤を穿った道を行くK柳さん。

トロッコ列車の欅平駅では、観光客が、カッパを着てよれよれになって駅構内へ出てきた私たちを見て、「どこから来たの?」と驚いていました。


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る