■行ってきました

美ヶ原〜花と牛たちの散歩道 2011.7.20 usagi
 
  山名
 美ヶ原  日時 2011/7/18(月)  天候  曇り時々雨
  メンバー CL/ST  NM  計2名 

広々とした景色が眺めたくて、久しぶりに美ヶ原に行ってきました。
今にも雨が降り出しそうな空。遠くにシルエットになって浮かぶ、いつか見たことのある山々。
のんびりと草原に草をはむ牛たち。健気に咲く高原の花々。
わたしはこんな風景が本当に好きだったんだと、心から思えた一日でした。

 
 
山本小屋Pに車を止め、王ヶ頭(おうがとう)から王ヶ鼻(おうがはな)を指します。
以前来たときは、家族旅行のついでに、両親を駐車場に待たせておいて、本当に走って
ピーク踏んできただけという感じでしたが、今日はのんびり景色を眺めながらお散歩です。

 
 
行きは牧場の中の道を歩きました。この先に美しの塔。
時折、小雨が降るような天気ですが、歩くのに問題ありません。

 
 
命短い牛たちだけれど、こんないい景色の草原で暮らせるのは何よりです。

 
 
牧場の片隅にひっそりと「畜魂碑」。

 
 
塩くれ場では、牛たちがうれしそうに岩に置かれた塩を舐めていました。

 
 
山本小屋から、美ヶ原最高地点の王ヶ頭までは3.6キロの道のり。ゆっくり歩いて1時間ほどです。

 
 
この牧場には子牛が多く、人懐こく近寄ってきます。とっても可愛い♪
でも、病気を移すといけないので触るのはNG。大事な子たちなんで、近くで眺めるだけです。

 
 
ホテルと電波塔が乱立する山頂。
何度見ても、ちょっとミスマッチで不思議な気分になります。

 
 
ホテルの横をすり抜けて、王ヶ頭に到着。この先、少し下ったところが王ヶ鼻です。

 
 
王ヶ頭から20分ほどで王ヶ鼻に到着。美ヶ原の端っこです。

 
 
ペラペラと薄く剥がれる岩の上に、不思議な人たちがお祀りしてありました。
ゆっくり景色を眺めたいところでしたが、だんだん帰りの時間が気になって来たので早々に降ります。

 
 
帰りは牧場の道ではなく、烏帽子岩経由でちょっと遠回りして帰りました。

 
 
ぐるっと美ヶ原の横をトラバースする道です。

 
 
遠くに見える烏帽子岩

 
 
ウスユキソウの群生がありました。

 
 
鳥帽子岩に到着。ここも王ヶ鼻とよく似た、ペラペラと剥がれる岩の塊でした。
王ヶ頭をバックに、ちょっと記念撮影♪

 
 
この先で、牧場からの道と合流します。もうすぐお散歩も終点です。

 
 
美ヶ原には、牛だけでなく、馬もいました。
蓼科山もキレイに稜線を見せてくれました。ココロ癒される風景でした。

この日見た 美ヶ原の花たち


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る