■行ってきました

清掃ハイク 山星山・山根山 T.Yamada
秋の清掃ハイクを「あつた勤労者山岳会」は9月24日に山星山・山根山で実施した。参加者は会員21名・一般3名であった。登山道のゴミは探すのに苦労するほど少ないものの林道から不法投棄されたゴミが不燃の大型を含め毎年同じところに多く見られた。03年には「ゴミ撤去と林道封鎖のお願い」を写真を添えて行政にお願いしたはずであるが不法投棄が後を絶たない。再度この林道への車の進入を禁止するようお願いしたい。

1. 定光寺駅対岸に集合
定光寺駅で下車して対岸の集合場所に向かう。天気がよく暑くなりそうだ。ここで一人一人に軍手とゴミ袋が配られた。瀬戸市が用意してくれたものだ。準備体操をして出発。
2. 正伝池手前の広場
定光寺川の左岸沿いを登りきると正伝池前の車道に出合う。リーダーのRKさんが車で来ているNMさんを迎えに行く間大休止。地元の参加者1名が加わった。
3. 林道から不法投棄されたゴミ
登山道に入り登って行くと広場に出た。そこには林道が来ている。山腹に作られたこの林道を進んで行くと右手谷側にペットボトルが転がっていたTa.Yo.さんがこれを拾いに降りた。その先は毎年大型ゴミが不法投棄されているところだ。今年も投棄されている。
4. ゴミを拾う
TKさんとN会長が下る。続いてTMさん・HMさん・HSさんKSさんと一般参加者の方がここのゴミを拾いに下り別行動になった。10Kgを超えたゴミをかたずけたがなお残っているとのことである。
5. 山星山にて記念撮影(除く別働隊・スタッフ・撮影者)
山根山を通り労働者研修センターに出て一本とり山星山にて大休止した。別働隊と自然保護担当のYHさんとSTさんは本日のスタッフのためここにはいない。
6. ヒガンバナ
宮刈峠を経由して下って行く。地元の方々に山の清掃に対し「ご苦労さん・有難う」と挨拶される。地元住民の意識も変わってきているようだ。畦道にヒガンバナがさいていた。
7. 下山記念撮影(除くKKさん一家4人)
正伝池の公園広場のトイレのある休憩所で集会時間までの時間調整をして集会所の駐車場に行く。KKさん一家とはここで別れた。別働隊・スタッフが合流して「じねんじょ」のスタッフの方に撮影をお願いして記念撮影。
8. 本日の参加メンバー
本日の清掃ハイクは「あつた」と「じねんじょ」の2山岳会であった。集会ではそれぞれの会長による挨拶とYHさんが瀬戸市長の挨拶を代読し最後に本日の成果発表があり無事終了した。
「あつた」では秋の「清掃ハイク」をここの「山星山・山根山」で数年実施してきて登山道ではゴミが殆ど見られず毎年同じ林道からの不法投棄が多い。そのため山岳会が行う清掃ハイクとしては他の山で行ったほうが良いのではとの意見が出て検討されたが結果は今年も当山で行うことになった。来年はどうするか。

概念図はこちら
(2006.9.24)


山のアルバムに戻る   トップページへ戻る