カスミ網密猟現場

カスミ網にかかっていたのは、ツグミではなく、可愛いルリビタキの幼鳥だった。
ハサミで丹念に絡まっていた網糸を解きほぐしてもらい、手のひらが開かれると、たちまち紺碧の空へ舞上がっていった。

カスミ網は高さ3m、50m以上の長さで3列平行に張られていた。たくさんの支柱はめだたないように薄黒く塗られていた。帰りには警察の処置が終わるまでの暫定処置として、手の届く網の部分を持ち上げておいた。

招鳥用のテープが入ったテープレコーダ3台が、網の近くに置かれていた。現場から数百m手前の草むらには、ワイヤーが隠された警報センサーが設置されていた。

猿投山自然観察ア・ラ・カルト

アサギマダラの幼虫と食草キジョラン

晩秋の花二輪
カスミ網の下で 猿投山山麓の湿地で
(森の散歩人)



山行記へ戻る   トップページへ戻る